ステラリス Ver2.1.2ベータパッチ[46fa]がリリースされました

記事をシェアする

ステラリスのゲームバージョン2.1.2(チェックサムは46fa)のベータパッチがリリースされています。

パラドックス社の公式フォーラムの記事はこちらです。

こちらのパッチは先週の開発者日記 第119回でも告知されていました。

ステラリス開発者日記第119回 2018/6/21「Nivenリリース後のサポートPart4」について紹介。次回2.1.2版の修正予定と開発者日記長期中断の案内。

一部、内容を紹介してみたいと思います。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

以下開発者日記を意訳したものです。

スポンサーリンク

ステラリス Ver2.1.2ベータ版のアップデート内容(一部抜粋)

※今回のトピックはパラドックス社のObidobiさんによる投稿となります。

冒頭のお知らせ

みなさんこんにちは。私はObidobiです。

Jamorが現在休暇を取っているので、私が今はキャプテンです。

私はかなり長い間ここ(パラドックス)に在籍していますので、皆さんの何人かは私の名前を知っているかもしれません。

私は以前はStellarisの品質管理を行っていましたが、今はステラリスのプロジェクトを管理しJamorを助けるAssociate Project Leadをやっています。

ステラリス Ver2.1.2のオプトインパッチをリリースしたことをお知らせします。

このパッチはVer2.1.1のゲームセーブデータと互換性があります。

Stellaris Ver2.1.2ベータ版[46fa]の内容

無料の機能

  • 銀河マップモードでクレームを表示できるようになった
  • KuiperベルトをSolシステムに追加
  • いくつかの新しいイベント画像を追加
  • Ctrl + F9 (撮影モード)で星系のラインとナビゲーションカーソルも隠れるようになった
  • 派閥ビューで現在選択されている派閥の名前をクリックすることで名前を変更できるようになった

バランス調整

  • AI用の準知的生命体発見のアノマリーを復活させた
  • 既存のHorde艦隊はGreatカーンの死により削除されて、代わりにある一定数の艦隊と置き換えられる
  • AI帝国は100年を過ぎるとL-Clusterの洞察を見つける可能性が高まる
  • 先駆者関連のアノマリーが発生するレベルを増加
  • 品質管理とプレイヤーからのフィードバックに応じて、バランスのとれたアノマリーレベルへと調整
  • Marauderの帝国がプレイヤー帝国のスタートシステムの近くに発生するる可能性を低くした
  • Rogue Servitors(機械帝国の召使いロボ)とAssimilatorsの帝国がWorld Shaperのアセンションパークを選択できるように再設定
  • テラフォーミング候補の発生頻度を約50%削減

UI

  • スターベースにドッキングしていて艦隊維持費減少の効果を受けている船だけがアウトライナーで緑色のアイコンで表示される。
    軌道上にあって艦隊維持費減少の効果を受けていない他の船は黄色で表示される。

その他、Mod関連とバグ修正に関しての通知もありますがカットします。
気になる方はパラドフォーラムの元ページを御覧ください。

今後の予定

ベータパッチをを試して、皆さんの意見を聞かせてください。

開発チームのほとんどがまもなく休暇に入る予定です。
そのため、夏の間はこのパッチのまま留めておくことになります。

これはオプトインパッチであることに注意してください。アクティブ化することを自ら選択する必要があります。

Steamライブラリ→Stellarisを右クリック→プロパティ→「ベータ」タブ→ “2.1.2_beta”を選択となります。


以上

感想・まとめ

以上、Stellaris Ver2.1.2 β版のお知らせでした。

今回のパッチはパラド社の開発スタッフが長期休暇に入るため、
今後暫くの間はβ版で留められることになります。

もしテストしてみる場合は、なんかおかしいなぁ・・・と思ったら2.1.1版に戻したほうが良いかもしれません。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!