ステラリス 開発者日記 第74回

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムにステラリスの開発者日記 第74回が掲載されていました。

Hello everyone and welcome to another Stellaris dev diary, being written while I am at home with fever and a ruined throat. Still, I felt we had missed...

内容を理解できる範囲で紹介してみたいと思います。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内の画像はフォーラム内のものを使用しています。

スポンサーリンク

冒頭のお知らせ

開発者日記担当のWizさんがどうも体調が悪いらしく今回は1トピックだけの案内とのことです。

1.8アップデートで予定されている遺伝子改変について取り上げられています。

遺伝子改変

以下、開発者日記の内容を箇条書きにします。

※この緑枠内の文章は管理人の感想・考察です。
  • 遺伝子改変について、どの種族の遺伝子を改編したのか分かりにくいとの苦情がある。
  • 同じ名前と顔画像を持つ2つの種族は同じ種として扱われる。
  • アイデンティティーは種の名前と結びついているので種を変更する時には名前の変更を禁止しないといけない。
  • これらの問題を解決策としてテンプレートを導入する。
  • テンプレートとは作成、編集、保存、適用が可能な遺伝子型構成となっている。
  • 希望の基本種を選び、「テンプレートの作成」を行うことで種の名前を任意に変更するなど種の設定を行う。
  • テンプレートを作成、保存すれば元の親種がなんであっても種別リストにその種の亜種として表示される。
  • 例)
    • 普通の人類を選択→寒冷地の人類に変更する
    • 寒冷地の人類→砂漠の人類に変更
    • 寒冷地の人類と砂漠の人類は人類の異なる亜種として示され、広義では人類だが別の種として認識される。
  • ゲームの開始時に複数の種が同じ名前と肖像画(ポートレート)を共有している場合、最初に生まれた種が他の種の親種とみなされる。

親種と亜種のツリー

上の画像では大元になるHumanがいて、その下にArctic Human、Desert Human、Super-Humanと分かれていますね。

テンプレート

Humanの亜種であるArctic Humanのテンプレートはこのように表示されるようです。
  • テンプレートを作成した後はそれを適用することができる。
  • Apply Templateを押すことで、あなたの帝国のPop(国民)をそのテンプレートに変換するかを選択できる。
  • テンプレートの適用は一度に同じ親種のすべてのポップで行われる。
  • 新しい亜種に変えたいと思う亜種ごとに別々の特別プロジェクトを行う必要は無い。

チェックボックスで一括選択

上の画像のようにチェックボックスで一括選択できるようです。
  • 人間、砂漠の人間、北極の人間の国民をスーパーヒューマンへと一気に変えることができる。
  • テンプレートが適用されているすべての国民は、いつ変換されたかにかかわらず同じ亜種に属する。
  • 明示的に設定しない限り、正確に同じ名前と特性を持つ複数の亜種は存在しない。
  • 複数のポップスに適用されるポイントまで自由にテンプレートを編集することができ、そこからテンプレートを分割する事が出来る。

その他のバランス調整

遺伝子改編プロジェクトの基本コストが増加したため、単一のPopを改造するコストはかなり高価である。

Popあたりのコストは削減されたので同時に多数のPopsを変更する方が効率的。

Popの居住性特性を取り替えるためのコスト(3つの特徴点に相当)が追加された。

いくつかの種の特性は、コストと効果が再調整された。

特に、Biological Ascension(生物学的アセンション)の高度な特性はコストが削減された。

Biological Ascension(生物学的アセンション)については、管理人はUtopia DLCをまだ未導入のためどのようなものかは分かりません(^_^;)

感想

遺伝子改変はStellarisのゲーム内でそんなに頻繁に行うものでも無いのですが、こういった細かいところまで調整・改良してしていくのはとても良いことだと感じました。

今後も色々と改良や調整が入ると思うのでステラリスはまだまだ遊べそうですね。