[MOD]ステラリス Space Battleship Arcadia キャプテンハーロック アルカディア号

記事をシェアする


2.1

Stellaris Ver2.1対応


今回紹介するのはStellarisの世界に、キャプテンハーロックの宇宙戦艦、アルカディア号を登場させるMod

Space Battleship Arcadia

です。

※画像はSteamワークショップ内のものを引用。

スポンサーリンク

Mod説明

Space Battleship Arcadia 概要

Space Battleship Arcadiaはステラリスの世界にキャプテンハーロックで登場したアルカディア号を登場させるModです。

アルカディア号はゲーム内では船のクラスが戦艦という扱いになっており、もちろん実戦でも使えます。

しかし、通常の戦艦とは異なり、

帝国内に10隻のアルカディア号しか作れない

という制限があります。

また製作にはテクノロジーで戦艦(Battleship)の項目を取得してあることが前提条件となっています。

またアルカディア号を制作するには戦艦のテクノロジーを取得→船の設計画面から一度船の設計図を作る必要があるとのことです。

先日紹介した宇宙戦艦ヤマトModと併せれば夢の松本零士艦隊が組めそうですね(・∀・)

Stellaris(ステラリス)にタイタン級の船として宇宙戦艦ヤマトを登場させるMod、Space Battleship Yamatoを紹介。波動砲を装備した強力な船がステラリスの世界に蘇ります。

Modはまだ作成途中で少しテクスチャに光沢感がありますが、それは取り除く予定とのことです。

Space Battleship Arcadiaの注意点

互換性

Space Battleship Arcadiaですが、製作者様曰くNCS等のバニラゲームに大幅変更を加えるようなModとは互換性が無いだろうとのことです。
というか、互換性があるかもしれないけど良くわからないとのこと。
とりあえず使う人が自分で試してみるしかなさそうです。

また今回のModは、先日紹介した宇宙戦艦ヤマトModとは異なり有料DLCの機能は必要ありません。

Modはバニラゲームと互換性があり、中途セーブデータとも互換性があるそうです。

Modの使用を途中でやめる場合

もしもModを適用させた後で使うのをやめ、
セーブデータからアルカディア号を削除したい場合は次の手順が必要とのことです。

  1. 既存のアルカディア号から全ての武器を取り外す
  2. 敵艦隊に向かわせる
  3. 敵艦隊にアルカディア号を破壊してもらう
  4. 破壊後1~5年待つ
  5. ゲーム終了後Modを外す
  6. セーブデータで再開

どうも銀河内にアルカディア号の痕跡が残っていると都合が悪いという事のようです。

待機期間が1~5年となっていますが、正確なところは不明です。
万全を期すため5年待った方が無難かもしれません(・_・)

導入必須Mod

特に無いようです。

導入推奨Mod

Mod製作者様によると

Guilli’s Ship Components 2.1

のCrewの機能と互換性があるとのことです。
ただ、Guilli’s Ship Components 2.1が必須Modということではなさそうですので、無くても動作するかと思われます。

Space Battleship Arcadia 導入方法

サブスクライブ

Steamのワークショップからサブスクライブします。

ページにある[+サブスクライブ]のボタンをクリックするとModがダウンロードされます。
その後ステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で当Mod

[Space Battleship Arcadia]を選択してください。

感想・まとめ

ステラリスに宇宙海賊キャプテンハーロックのアルカディア号を登場させるMod、Space Battleship Arcadiaの紹介でした。

管理人は世代が異なるのでTVのキャプテンハーロックを見たことは殆どありません。

ただ唯一、子供の頃にちらっと見た中で
なんかハーロックが女の子?から手紙をもらって、そこには元気でやってると書いてあるんだけど、実は手紙が涙で濡れてるから本当は違うだろとハーロックが悟るー
というシーンだけは強く覚えてます(・_・)

ヤマトやハーロックがストライクゾーンの方々はModを導入して夢の艦隊を組んでみてはどうでしょうか。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
仮に何らかの不具合が起こっても一切責任は持てませんm(__)m
Modに関して質問をされてもお答えできません。
Modは何かが起きた場合でも自分で解決できるかどうか不安な方は導入しないことをおすすめします。