ステラリス 開発者日記 第140回 Ver2.2.xリリース後のパッチ その2

更新情報

2019/2/16 フォーラム内のやり取りを追記


パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスの開発者日記 第140回が掲載されています。

新要素以外は当分の間日記は書かないって宣言されてたので見落としてました…( -_-)

Stellaris Dev Diary #140 - 2.2.x post-launch patch v2
Hello everyone! We don’t have anything specific to talk about or show, but we thought it would be suitable to let you know we’re still working on the...

今回はステラリスVer2.2以降に当てられたパッチの内容紹介第二弾となっています。

以下パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
スポンサーリンク

ステラリス 開発者日記 第140回 2.2.x リリース後のパッチその2 2019/2/14

今回の日記担当はステラリス・ゲームディレクターのgrekulfさんです。

冒頭のあいさつ

皆さんこんにちは。

具体的な話やお見せするものはありませんが、リリース後の最終パッチに取り組んでいることをお知らせするのに良い機会だと考えました。

2月下旬にパッチをリリースすることを目指しています。

今後の予定

注釈:
私たちがゲームに改良を加えるのをやめるという意味ではないことをはっきりとさせておきたいです。
私達は私達のゲームを常にサポートし続けるでしょう、しかし今私達は小さいパッチを展開し続けるのではなく大きいパッチに向けて努力を集中する必要があります。
次の大きなパッチに焦点を当てている理由は、複数の開発部門を維持したまま小さなパッチを展開すれば、バグの修正、改善、機能開発に取り組むためにかなりのリソースが必要だからです。

 

私達の焦点は私達が既に持っている内容を改良し磨き上げることにあります。
そのため多くの新機能はありません。
私たちは、AIからUI、そしてバランスを保つために、あらゆる面で改善を重ねてきました。
私たちが行ったことすべてについて話すことはしませんが、ここで私がTwitterに投稿しているものがいくつかあります。

ちょっとしたバフ(強化効果)。

もう一つ小さなバフがあります。

大幅な改善として、私たちの技術リーダーであるモアは、船のアップグレード方法を改善するため懸命に努力してきました。

地区の表示をきれいにします!
この環境都市は地区を箱で、そして色を変えて表示しています!

 

本日皆さんのために私たちがお見せできるのはこれで全部です。

私はただ皆さんの前に登場したく、そして私達はパッチを出すことに取り組んでいることをお伝えしたいと思いました。

個人的な立場としては、私たちがすぐにでも始めようとしている新しいものについて皆さんに話し始めることができるのが待ち遠しいです。
しかし、それについてはまだあまりにも早いです。

前に述べたように、予定された開発日記はまだ休止中です。
ただ何か見せるものがあれば時々登場したいと思います。

万歳!


以上

フォーラム内のやり取り

フォーラム内のやり取りで気になったものを紹介。
回答側はステラリス・ゲームディレクターのgrekulfさんです。

2019/2/16追記

Q:植民地が12区の制限を超える場合、表示はどうなりますか?

A:15を超えると大きいボックスの中に番号が表示される。


Q:セクターのオプションに関して過去のパッチで持っていた機能のいくつかを私たちに返してほしい。

A:セクターに関してはより大きなタスクとなり、現在取り組むには内容が大きすぎます。
他にも多くの修正が行われていますが、今後の優先事項の1つとしてセクターがあることは知っておいてほしいです。
手動によるセクター管理に戻ることはおそらくないでしょうが、資源管理とAI開発がよりうまく機能するようにしながら、自動割り当てをより良くする方法を確実に検討します。
私たちは将来セクターの計画についての開発者日記を作成するでしょう。
それにより、何かにコミットする前に考えを共有することができると思います。


Q:”final post-release patch”

※管理人注:こういうしょうもない事をネチネチと言い続けるユーザーがいるんですよねえ…( ´Д`)

A:これは、ゲームの改善をやめるという意味ではないことを明確にしたいと思います。
私達は私達のゲームを常にサポートし続けるでしょう、しかし今私達は小さいパッチを展開し続けるのではなく大きいパッチに努力を集中する必要があります。
次の大きなパッチに焦点を当てる必要があるのは、複数の開発支部を維持して小さなパッチを展開する事は、バグ修正、改善、機能開発に取り組むためにかなりのリソースが必要だからです。


Q:ゲーム内の問題を解決するよりも「新しい光り輝くもの」の方が優先されるのではないかと心配しています。

A:その懸念はよく理解できます。
私たちがより改善するための資源を持てるよう、次のDLCを計画していることをお知らせします。

※これって色々な問題をDLC(たぶん有料)で解決するつもりって事なんでしょうか…( -_-)


以上です。

感想・まとめ

以上、Stellaris 開発者日記 第140回の紹介でした。

「日記は無いと言ったなあれは嘘だ」

という感じで、てっきりしばらくは日記の公開は無いと思ってたので見落としてました( -_-)

今回開発責任者がわざわざ登場したことと、どうも最近のフォーラム内の様子を見ていると、
開発陣の「最終バージョン」という発言を言葉狩りして「パラドックスはステラリスの開発を止めた」と騒いでる人たちがいるように見受けられます。

単に今のバージョンが現時点での最終バージョンという意味だけだと思いますが…(・_・)

今回grekulfさんが言明したように
まだまだステラリスの開発は継続するので安心してゲームを遊んでおけば良いと思います。

 

…今後もなるべく木曜日の夜はパラドサイトをチェックするようにしますが、
通常スケジュールに戻るまでの間は記事作成・公開が遅れるかもしれません。
ご了承くださいm(_ _)m

それではまた( ✧Д✧) カッ!!