惑星連邦でST:New Horizons #12 ステラリス スタートレックAAR

記事をシェアする

当記事は長文&画像数も多いため、PCでの閲覧をオススメします。

Stellaris上にスタートレックの世界を再現する大型Mod、
ST:New Horizonsを使ったAAR(プレイレポ)の12回目です。

前回は地球から遠く離れたデルタ宇宙域の帝国、クレニムと遭遇しました。

ステラリスにST:New Horizonsを導入し、スタートレックの世界を冒険していきます。第11回目は遠隔地の帝国との遭遇、以前から継続している「謎の流体イベント」に進展がありました。

それでは、
惑星連邦でST:New Horizons #12
さっそく行ってみましょう\\٩( ‘ω’ )و //

AARの使用ModST:New Horizons(1.9.1版に手動差し替え)
ST:New Horizons Content Submod(2.1版)
ST:New Horizons UI – FEDERATION(1.9.1版を少し調整)
–以下は導入非推奨を承知で使用–
Japanese Language mod
(Legacy 1.9) UI Overhaul 1080p ※1.9.1対応版
ゲーム内イベント等の和訳はスタートレックの世界観も盛り込んだ上での意訳にしています。
必ずしも原文に忠実に翻訳しているわけではありません。
スポンサーリンク

コンタクトラッシュ!

クレニムを通じて外交を広げる

2194.05.04

前回コンタクトした遠隔地の帝国、クレニム。

彼らは人類がまだ接触していない帝国と交流があるようです。

そこでクレニムから星図を提供してもらうことで一気に他帝国とのコンタクトを進めることにしました。

最初は自分たちで宇宙を探索して未知の種族と出会い・・・とも考えていたのですが、
このST:New Horizons、調べた所ではそう簡単には終わらないようですね・・・( ´Д`)

ちょっとでもスピードアップするためにクレニムには外交の窓口になってもらうことにしました。

以下、コンタクト以外の箇所は動画を御覧頂くとして、
このAARの記事ではコンタクト中心に簡潔にまとめます。

今回は新規に11の帝国と出会うことになりました。

1.ボーグ(Borg)

2194.05.06

・・・というわけでいきなりボーグ(Borg)とコンタクト成立です\(^o^)/オワタ

この段階でボーグと出会うとは全く考えていなかったのでかなりビビるわけですが・・・(›´ω`‹ )

ボーグとは関係を築くことができません。
外交というものが選択できないようです。

場所はこちら(画像薄緑色)。クレニムの領地が飛び地になっていたのはボーグがいたからだったんですね・・・。

これで間違ってもクレニムと防衛協定だけは結んではいけなくなりました。

ボーグの艦隊戦力は人類より優越

宇宙軍許容量は同等

テクノロジーレベルは同等

となっています。

今単独で戦ったらまず負けるでしょうねぇ( ´Д`)

ただ、ボーグはまだ2国としか戦争をしていないようなのでそこまで暴れまくってるわけでもなさそうです。

2.トレイブ(Trabe)

2194.06.05

スタートレック・ヴォイジャーに登場した種族トレイブ(Trabe)とコンタクト。

場所はこんな感じで飛び地になっています。
南側はボーグ領とも接触してますね。

3.ベニーン(Banea)

2194.07.23

ヴォイジャーに登場したベニーン(Banea)とコンタクト。

先程のトレイブに周りを囲まれています。

4.ザール(Zhal)

2194.08.03

ヴォイジャーに登場した種族、ザール(Zhal)。

画像中央の黒っぽい帝国です。

ボーグ及びクレニムの周辺ということで、デルタ宇宙域の種族だらけとなっています。
よってボイジャーに登場した種族が登場するという展開になっています。

5.ヒロージュン(Hirogen)

2194.09.07

ボイジャーに登場のヒロージュン(Hirogen)

6.フェン・ドゥマ―(Fen Domar)

2194.09.8

ボイジャーに登場のフェン・ドゥマ―(Fen Domar)

彼らとは不可侵条約が結べるので早速締結しておきました。
今後うまく+の態度値を伸ばしていければ仲間になってくれるかもしれません。

7.コバリ(Kobali)

2194.09.08

またまたヴォイジャーに登場のコバリ(Kobali)です。

彼らとも不可侵条約が結べるので忘れず締結。

8.ケイゾン(Halik族)

2194.09.08

ヴォイジャーに登場したケイゾンのHalik族とコンタクト。

ケイゾンはトレイブから奴隷扱いされていた歴史があり、今でもお互いいがみ合っているとの事。

9.ケイゾン(Sects族)

2194.09.08

同じくケイゾンのSects族。
トレイブはケイゾンを異なるグループ間で対立させることでうまく統治していたのだとか。
ひどいやり方だなぁと思いましたが、逆にそういうやり方もあるのかーと感心しました。
私も将来独裁者にでもなったら採用してみたいと思います( ・ㅂ・)و ̑̑←

10.ヴィディア(Vidia)

2194.09.08

ヴォイジャーに登場したヴィディア(Vidia)とコンタクト。

態度はギリギリでプラスといった感じなので、今後どうなるかはちょっとわからないですね。

ここで一旦コンタクトラッシュが終わります。

コンタクトできた帝国とは可能であれば交易で星図およびアクティブセンサーリンクを受け取るようにしています。
(研究協定も結んでます。)
これで更に銀河の様子が分かるようになるはず。。。

現在の銀河の様子はこの様になりました。

銀河の渦巻きの右上側が一気に解明されてきましたね。

より惑星連邦に近いゾーンの情報がまだありませんが、こちらもそのうち埋まってくると思います。

宇宙海賊討伐中に提督が死亡

2194.09.11

画像は惑星連邦内に残っていた宇宙海賊を艦隊を使って掃討しているところです。

海賊側の残り2隻がかなり固、なかなか削りきれません。

こちらの艦隊もダメージが大きい船が出始めているのでさっさと片付けたいところですが・・・。

2194.09.23

なかなか削れないなぁ・・・と思いながら戦闘を見ていたら、
今指揮している艦隊の提督が突然死亡(›´ω`‹ )

年齢が83歳だったので寿命なのか、それとも戦闘行動の影響なのか・・・。

で、提督なしだと削りきれずに被害が拡大するかもしれないと判断し、
緊急ジャンプで逃げることにしました。

ジャンプの結果ダメージが深かったこちらの2隻を失ってしまうことになりました(´・_・`)

歴戦の提督がいなくなってしまったので、また新たな提督を一から育て上げる必要がありますね( -_-)

11.タラクシア(Talaxia)

2194.10.02

スタートレック・ヴォイジャーの案内人でありコックでもあるニーリックスの種族、タラクシア(Talaxia)人とコンタクト。

場所は画像のマウスカーソルで示した箇所です。
デルタ宇宙域の端に位置していますね。

まとめ

以上、今回は11の帝国とファーストコンタクトしました。

ざっと見た所

  • ボーグと対抗できる帝国はいない
  • ボーグと戦闘になっているのはまだ2帝国だけ
  • これら周辺国をボーグが取り込んで肥大化しまうと、惑星連邦としてはますます厳しくなる

といった感じ。

今後は人類単独の戦闘力を上げ、なおかつ惑星連邦の加盟国をもっと増やすように急いだほうが良さそうですね。

銀河の状態です。

ボーグに近いデルタ宇宙域(銀河右上)の帝国とすぐに仲間になるのはちょっとまずそうなので、
惑星連邦に近いアルファ宇宙域(銀河左下)・ベータ宇宙域(銀河右下)の帝国を中心に考えてみます。

惑星連邦に入ってくれそうな有力帝国(青丸)

  • クリンゴン
  • モラリ
  • フェレンギ

これらは態度を伸ばして誘えばなんとかなりそうです(Mod内で絶対に入らない設定になっていない限り)。

惑星連邦に入ってくれそうな小国(緑丸)

では

  • ベイジョー
  • ケルピアン

も仲間になってくれると思います。

前々回従属したベンザイトも味方ですね。

今回はここまでとなります。

今回のプレイ動画

ST:New Horizonsのゲームプレイ12回目でした。

ボーグという没落帝国以外では初めて人類が勝てそうもない状態の相手が登場しました。

ここからはボーグの動向に気を配りながら進めていきたいと思います。

まあ彼らがどういう振る舞いをするのかは全くわからないのですが・・・。

今回分の動画はこちらになります。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!