ステラリス 開発者日記 第100回 タイタンズと惑星駆逐艦―新拡張Apocalypse登場

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスの開発者日記 第100回が掲載されています。

Hello everyone and welcome to this very special triple digit Stellaris development diary! Today's dev diary marks the start of talking about the...

今回は突如発表された新拡張(DLC)「Apocalypse」の発売について触れられています。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内の画像はフォーラム内のものを引用しています。

以下開発者日記を意訳したものです。

※この緑枠内の文章は管理人の感想・考察です。
スポンサーリンク

ステラリス 開発者日記 第100回 タイタンズと惑星駆逐艦 2018/1/11

冒頭のお知らせ

今日の開発者日記は、2.0 ‘Cherryh’アップデートに付随するApocalypse Expansionの話題。

まだリリース日を告げることは出来ないがその日は近づいている。

開発者日記91~99回(95回のヒューマノイド種パックの回は除く)はすべて2.0アップデートに伴う無料アップデートの一部であって有料拡張ではない。

今回(開発者日記第100回)で記載されている全ての事柄は有料拡張「Apocalypse(アポカリプス)」の一部となる。

この開発者日記の画像とアイコンはまだ仮のものである。

惑星駆逐艦(惑星破壊兵器)

惑星駆逐艦はかなりの間、ユーザーから私達開発者への要望リストに載っていたものの、それは制限的な古い戦争システムの元では実現不可能だった。

しかし現在では開発者日記93回で触れたような新しい戦争システムの導入によりもはや懸念が無くなったので、私たちは最終的にこの愛すべきSF要素を実装することにした。

※開発者日記第93回はこちらで紹介。

パラドックス社の公式フォーラムに ステラリスの開発者日記 第93回が掲載されています。 今回も記事の分量が凄まじい・・・(-_-) ...
パラドックス社の公式フォーラムに掲載されている ステラリスの開発者日記 第93回 紹介の続きです。 前半の記事はこちらです。...

惑星駆逐艦は、Colossus(コロッセウス:巨像?)と呼ばれる新しい船級となっている。

名目上は軍艦となるが、この巨大艦隊は実際の艦隊戦闘能力は無く、代わりに敵の惑星を破壊する目的に専念した大規模な武器である。

コロッセウスを構築するには、最初にTitans(タイタンズ)を構築する方法(詳細は後述)を取得し、最初のコロッセウスを研究・設計するための特別プロジェクトColossus Project Ascension Perk(コロッセウス・プロジェクト アセンションパーク)を利用する必要がある。

各コロッセウスにはワールド・デヴァスター級の武器が1つ搭載されており、プロジェクトの進行中にどの武器を使用するか選択するオプションが用意されている。

World Devastator級武器の種類

  • World Cracker:惑星を粉々にして、資源採掘が可能な壊れた土石流場を残す。非平和主義者が利用できる。
  • Global Pacifier:惑星を侵入不可能なシールド内に閉じ込め、銀河の残りの部分から恒久的に切り離します。その後、惑星を研究するための研究施設を建設することができます。
  • Neutron Sweep:地球上で最も高度な生命体を破壊するが、植民地化のためにインフラストラクチャーはそのまま残す。非精神主義、非平和主義の帝国が利用可能。
  • God Ray:地球上のすべての有機Popsを精神主義者に変換し、すべての機械/人工ポップを破壊すると同時に、惑星で精神的倫理の魅力を大量に増加させます。精神主義の帝国が利用可能。
  • Nanobot Dispersal:惑星のすべてのポップスを同化させ、新たにサイボーグ化された人口によりあなたの帝国に欠損を生じさせる。
    同化主義者のみが利用できます(したがって、別途DLC Synthetic Dawnが必要)。

※武器のアイコンはまだ仮版。

帝国が利用可能な追加のWorld Devastator武器の種類は、コロッセウス・プロジェクトを終了した後、希少なテクノロジーとして研究することができる。

プロジェクトが完了すると、Colossus Assembly Yards building(コロッセウス・建造所ビル)が建てられた造船所があるスターベースにて巨像を建てることができる。

コロッセウスは一旦建てられると民間船と同様に機能し、それ単独の艦となり、他の艦隊と合流することはできない。

各帝国は、同時にアクティブなコロッセウスを1つだけ持つことができるが、アクティブなコロッセウスが破壊された場合には新規にコロッセウスを作ることができる。

コロッセウスには従来の武器はなく(中規模の対空砲をもたせるかどうかについて議論はしているが)、その真の目的は敵の惑星をターゲットにすることである。

コロッセウスという巨大な宇宙飛行士が惑星を標的にするように命じられた際は、飛行体は敵の船を完全に無視し目標に向かってまっすぐ進むだろう。

コロッセウスは惑星に移動し、位置をとり、武器のチャージを開始する。
この武器はチャージにかなりの時間がかかり、敵の艦隊にとっては巨大な兵器を打ち破って発射を止めるチャンスが与えらる(コロッセウスは当然大量のダメージ受けるだろう。彼らは無敵ではない)。

武器が完全にチャージされると、発射され、不幸な惑星にその効果(上記の内容)を与える。

あなたが望むならば、コロッセウスは自由に次の惑星に向かうことができる。

コロッセウスのほとんどの武器は、プレイヤーが戦っている帝国の所有する惑星だけを対象とすることができるが、武器のいくつかは原始的な惑星をターゲットにすることもできる。

World Crackerは、入植されていない岩石タイプの惑星に使用できる(ただし、 必ずしも鉱床を獲得できるとは限らない)。

※アニメーションとアイコンは製作途中のもの

World Devastator級の武器を作成するためのシステムは完全にスクリプト化可能であり、Mod製作者は独自に惑星を破壊/変化させる効果を作り出すことができる。

タイタンズ

Titans(タイタンズ)は「Apocalypse」拡張で利用可能なもう一つの新しい船級で、Colossus(コロッセウス)とは異なり、従来の軍艦によく似ている。

Titansは通常の5階層目のテクノロジーによって研究され、造船所とTitan Assembly Yards(タイタン造船所)ビルディングを持つStarbase(スターベース)に建設することができる。

タイタンは、重長距離武器スロットを装備し、シールドと防具の層を重ねた巨大な旗艦である。

タイタンの前部には、タイタンサイズ武器のシングルスロットが1つあり、XLサイズ武器よりも強力な武器、例えばシステム全体に発射され、単一射撃で戦闘機を破壊する可能性がある非常に強力なビームなどがある。

タイタンズには、同じ艦隊内の友好的な船を強化したり、近くの敵の船を弱体化することができる1つの攻撃的または防御的なオーラ用のオーラスロットがある。

イオンキャノン

本日最後に紹介するApocalypse(アポカリプス)拡張の1つはイオンキャノンだ。

イオンキャノンは、Starbase(スターベース)の防衛プラットフォーム艦隊の一部として建設することができるステーションである。

各イオンキャノンは、本質的に単一の大型銃の装備であり、単一のタイタン級武器を搭載している。

イオンキャノンによりStarbaseが大規模な範囲で敵の艦隊と戦い、敵の戦艦とタイタンズを処理する能力が大幅に向上する。

今回はここまで。来週はMarauders、Pirates、Great Khanなど、CherryhアップデートとApocalypse拡張の展開について話す。

以上

フォーラム内のやり取り

※今回から試験的にフォーラム内のやり取りで気になったものを紹介していきます。各回答側はStellaris開発マネージャーのWizさんのものです。

Q:イオンキャノンは船を破壊できるのか。

A:今のところその予定はない。

Q:コロッセウスはリングワールドを破壊できるのか。

A:できる。

Q:惑星駆逐艦に名前をつけることはできますか?

A:YES

Q:Hive Mindsのための独自の惑星駆逐艦や惑星破壊兵器は無いの?

A:帝国のすべてのタイプが独自の惑星駆逐艦を手にするわけではないが、後で更に追加するかもしれない。

私はコロッセウスの製作には「Colossus Project Ascension Perk」が必要とされているけど、だったらアセンションパークを導入するユートピアDLCも必須なのか、それとも2.0から一般開放される一部のAscension Perkでこれを補えるのかが今ひとつわからないのが気になりました。
しかし、それに関する質疑内容はざっと見た感じでは見つけられませんでした(・_・)

感想・まとめ

以上、Stellaris 開発者日記 第100回の紹介でした。
パラドが数日前から重大発表があると言ってたんですが新DLC Apocalypseの販売の事だった様です。

なかなか面白そうな内容ですので今後の情報にも期待です(・∀・)

今回のアポカリプスはパラドックス公式サイトにもう販売ページもできています。

Stellaris: Apocalypse redefines stellar warfare for all players with a host of new offensive and defensive options. Pre-order now!

Steamはこちら

19.99USDなのでSteamでは日本円でおそらく1,980円という感じなんでしょうか。
ただ最近、以前よりSteamのレートが渋くなってるゲームが中にはあるので2,000円を越えてくるかも・・・。

またDLC(しかもそこそこ高い)か・・・という意見もあろうかと思います。
が、逆に新しくDLCが出ることで古いDLCからセール対象になりやすくなるというメリットもあります。
Synthetic Dawnがそろそろセールに入ってくるといいんですけどね。

と、ここまでは良い面(・_・)

悪い面?というほどでもないのですが、

惑星破壊兵器、強力なタイタン級の武器、旗艦で周囲に強化効果

これは当サイトでも今まで紹介してきたModの中に既にあるわけで・・・。
ていうか、タイタン級については最近紹介したばかりのModにモロに含まれていて開発者日記を読みながら、これいいのかしら?と思ってしまいました(›´ω`‹ )

パラドはシティーズ・スカイラインなどでもMod製作者が特別に作ったものをパックにして売ってたりするので今回の件もMod製作者様たちと何らかの協力があるのかもしれませんし、無いかもしれません。
この辺の事情は不明ですが、少なくとも有料拡張ではModを超えるコンテンツになってくれることを期待するばかりです(-人-)

それにしてもWorld Devastator(世界破壊)級とはまた凄そうなネーミングです。とりあえず「地球破壊爆弾」みたいな感じでしょうか。

なお、地球はかいばくだんは7巻の「ネズミとばくだん」で出てきます(・_・)

それではまた( ✧Д✧) カッ!!