ステラリスVer2.3.1パッチがリリースされました(チェックサム bcd1)

更新情報

ステラリスのゲームバージョン2.3.1が正式にリリースされました。

先週末2.3.1はベータ版としてリリースされていましたが
週が明け、早速正式版になったようです。

パラドックス社の公式フォーラムの記事はこちらです。

[Dev Team] 2.3.1 Patch Release [Checksum bcd1]
Hi all, Jamor here. I want to let you know that after a weekend in beta testing in which no drastic new issues were introduced, I'm now making the...

フォーラムに投稿されたお知らせの内容を簡単に見ていきたいと思います。

以下パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
スポンサーリンク

ステラリス Ver2.3.1パッチがリリース

今回の投稿はいつもパッチ更新時にお知らせをしてくれるステラリス開発チームのJamorさんです。

冒頭のあいさつ

こんにちはJamorです。
先週末のベータテストでは劇的な新しい問題が何も加わりませんでしたので、2.3.1パッチが正式公開となりました。

このパッチには皆さんが手に入れたいと願う多くの修正を含んでいます。
そして最も重要なものはマルチプレイにおける同期外れの修正です。

Ver2.3.1の内容

変更の一覧は次のとおりです。

今回は修正内容がスポイラーじゃないので全部紹介します。
スポイラーのときとそうじゃない違いがよくわからないです。
単に量の違いなのかしら…(・_・)

Ancient Relics Story Packの機能

  • 考古学的場所を紹介する画像を数種追加
  • 考古学的場所の発掘ステージとランダムイベントに関して視覚効果が失われていたのを修正

UI

  • 惑星オートメーションにおいて、資源が少なく毎月の転送が10未満の場合にアラートを追加
  • Zroのデポジットでloc文字列が欠けていたのを修正
  • 「食欲をそそらない合金ではなく、魂の抜けた金属の殻から良好な食糧を手に入れることができる」と間違って表示しているマシンのポップのヒントを修正
  • Grunurシステム生成のポップアップイベントで、空の文字列の代わりに隣接するシステム名が表示されるようになった
  • omnicodex arc siteで欠けていたテキストを修正

AI

  • AIが積極的に艦隊と拡大を推進するために、合金の鋳物工場を生産するようになった
  • AIが合金を積極的に船に費やすようになった
  • AIが常に政府を改革することによって、影響力を無駄に使っていたのを修正
  • AIが基本的な建設に希少なリソースを費やすだけで、アップグレードや編集を絶対に行わないのを修正
  • AIの食糧、エネルギー、鉱物、影響力の予算編成を更新。今では大量の備蓄を集めそれらに手を付けないのではなく、可能な限り決定や命令にそれらを使おうとするようになった。
  • AIが海賊を一掃するのに十分な艦隊力を持っていても、海賊によって占領されたシステムを完全な立ち入り禁止ゾーンとして扱うのを修正(本来はブロックせずに拡大方向に向かうべき)。
  • AI帝国は国境を越えて最大5回のジャンプ範囲までシステム拡大することをいとわないようになり、チョークポイントでそれらをカットオフすることがより困難になった。
  • 限られた価値しかないもの(銀河の大部分が探査されているのに星系をマッピングするなど)を選択しないよう、AIの法令やキャンペーン選択について修正。

バグ修正

  • Linuxでクロスプレイベータブランチを立ち上げる際のエラーを修正
  • GOGギャラクシーを使用せずに、Mac上でGOG版を起動する場合のエラーを修正
  • イデオロギー戦争に勝利した場合に倫理シフトが起きないのを修正
  • 経済が同期していないのを修正
  • クロスブリーディングゲームルールでクラッシュが起こる可能性を修正
  • Zroniの先駆者遺物が発見者だけでなくすべての帝国に誤って表示されているため、他帝国によって横取りされイベント連鎖が不完全になるのを修正
  • 母星系の名前が適用されず、デフォルトの惑星名にちなんで名前付けされるというコアセクターの問題を修正
  • 複数の艦隊が選択されていて、Psi Jump Driveを持つものと持たないものがある場合、Psi船だけの最大範囲ではなく、一緒にジャンプできる最長の組み合わせが表示されるようになった。
  • ジャンプドライブの使用に関連した悪用が原因で、クールダウン時間と最大ジャンプ範囲に関して不正が行われていたのを修正
  • unconscionableとunplayableのテキストタイプミスを修正
  • プレイヤーのスターベースの一つが戦争で敵の占領下にあっても、プレイヤーがまだそこに防衛プラットフォームを建設できる問題を修正。敵の帝国は自身の資源備蓄からコストを払うようになった。
  • 将軍のリーダーの特性が実際には軍に対して誤って適用されていたケースを修正
  • Nu-Baolの欠けていた特別なポートレート、Fred Durstを追加
  • (新しく発見した?)古代の遺物のSFXで音量を上げすぎて再生していたのを修正

 

2.3.1は2.3.0のセーブと互換性があるはずですが、私たちはすべての可能なゲームプレイシナリオをテストすることはできないので、プレイヤーは場合によってはロールバックする必要がある場合に備えてください。
GOGまたはParadoxplaza版のステラリスで遊んでいる人とクロスプレイしたい場合は、Steamのstellaris_testブランチに参加することも選択してください。

古いバージョンでプレイし続ける方法についての説明はこちらです。


以上

感想・まとめ

以上、StellarisのVer2.3.1が正式リリースされましたというお知らせでした。

いろいろな修正が施されていますので2.3.0のままでいるよりも2.3.1にした方が良さそうですね。

中途セーブデータについては基本的に2.3.0→2.3.1でも互換性があると思いますが、もしかするとダメな場合もあるかも?という事に注意です。