ステラリスVer2.1.0 Nivenアップデートの内容が公開されています

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスVer2.1であるNivenアップデートの内容が公開されていました。

Hi folks, the wildly entertaining PDXCon 2018 is behind us and as promised, we're here with the 2.1.0 Niven update. This free patch focuses...

簡単にではありますが紹介してみたいと思います。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内のコードはフォーラム内のものを引用。

以下開発者日記を意訳したものです。

スポンサーリンク

ステラリス Niven アップデート (Ver 2.1.0) リリース情報[checksum 01a9] 2018/5/22

冒頭のお知らせ

こんにちは。
PDXCon 2018は終了し、その場での約束どおり私たちは2.1.0 Nivenのアップデートを行います。

リリースノート[checksum 01a9]

今回の無料のパッチは、ゲームにおける探検と発見の体験を向上させることに焦点を当てており、別売のDistant Stars Story Packとも連動します。

また、さまざまなバグの修正も含まれており、また私たちの継続的な使命である、全面的にゲームを改善しプレイ体験の質の向上をもたらす修正も含まれています。

楽しんでいただければ幸いです。

アップデート内容

※詳細についてはパラドックスフォーラムの記事でご確認ください。
更新内容が膨大なので管理人が気になった箇所だけをピックアップして紹介してみます。

Distant Stars Story Packと連動する内容(要別売DLC)

  • 多くの新しいアノマリーを追加し、合計量をほぼ50%増加させた
  • 新しいLeviathanを追加:Voidspawn
  • 新しいLeviathanを追加:Tiyanki Matriarch
  • 新しいLeviathanを追加:Scavenger Bot
  • 新たなリヴァイアサンを助けるためのキュレーターが登場
  • 探索を行うための新しくユニークなシステムを追加
  • 既知の銀河の外にL-Gatesと不思議なL-Clusterを追加。アクセスするためには調査・研究する必要あり。

無料アップデート分

  • 銀河の生成を、より興味深い地形となるように再加工。
    星系は細い「高速道路」(のようなハイパーレーン)で区切られた高度に接続された星座として分類され、銀河内に戦略的に重要な天然のチョークポイントが存在する事になる。
  • すべてのハイパーレーンが新規ゲーム開始直後に表示される仕様ではなくなり探査を通じて明らかになる。
    ハイパーレーンの可視性は、センサーの範囲のおよそ2倍に設定。
  • 2連星星系の追加
  • 3重星星系の追加
  • 新しい惑星クラスの追加
  • アノマリーレベルは1-5の代わりにレベル1-10までに再設計
  • アノマリーではもはや失敗が発生せず、代わりにアノマリーを研究する時間が、科学者のレベルとアノマリーレベルの違いによって決まる事に。
    高度なアノマリーは、低スキルの科学者による研究では潜在的に非常に長い時間を要します。
  • いくつかの古いアノマリーは再加工され、正しく機能するよう修正
  • 戦略資源を見直し、同様の材料が同じタイプの効果を持つように改造。
    – 船の損傷のための結晶、船の防衛のための鉱石、帝国の影響のためのガス、等。
  • すべての戦略資源が常に見える状態になったが、ほとんどの場合特定のテクノロジーを獲得後に採掘する事になる
  • 戦略的資源が銀河団ごとに分布しないよう変更
  • 新くAldar Crystalsの戦略資源を追加
  • Aldar Crystals用のテクノロジーを追加
  • 科学船が行方不明になり、選択されたシステムに移動することを可能にするExperimental Subspace Nagiatingを追加。
    これにより、閉じた国境をバイパスすることはできますが、入りこむことはできない。
  • コミュニケーションを確立する際の新たな通知が追加され、別の帝国の国境内にある戦略的資源も分かるようになった
  • バイパス(Gateway、Wormhole、L-Gate)が国境内にある別の帝国と通信を確立すれば、そのバイパスタイプを発見したことになる。

バランス調整

  • 科学者レベルごとの調査速度の増加を、従来のレベルごとに5%の上昇から、レベルごとに10%の上昇に増加
  • 特殊プロジェクトにおいて科学者レベルが要件となるような場合の大部分は除去した
  • 没落帝国の国境の距離を短く調整(この設定で大きな銀河において没落帝国が数多く発生するのを阻止していた)
  • 「Zro蒸留」を従来のテクノロジー層レベル4からレベル3へとダウン
  • テクノロジーによる効果をよりよく調整するため戦略的資源に関する研究のバランスを調整

UIの変更

  • 状況ログが修正され、アノマリーも一覧表示されるように
  • 科学船でシステム上にあるアノマリーを調査する際、”Research Anomalies in System”コマンドを右クリックで選択するようにした
  • 地表タイルの表現を「物理出力」から「タイル物理出力」に変更
  • 科学者のレベルがアウトライナーに表示されるようになった

以下、AI、MOD制作、そしてバグフィックスについての内容がありますが、カットしますm(_ _)m

感想・まとめ

以上、Stellaris Ver2.1.0 Nivenアップデートの簡単な内容紹介でした。

個人的素直な感想として、

リリースがずいぶん早いなぁ

という印象です(・_・)

この2.1版に関しては対象の開発者日記を数回しかやってないですよね。

正直、DLCともども内容としては薄いんじゃないか??
という印象です。まあ実際にやってみないことには真相はわからないんですけども・・・。

あと気になるのが、

リリースをVer2.1ではなく2.1.0と最初から3桁構成で出してきている辺り、初日から修正する気まんまんじゃないか

と思いました(^_^;)

まあ毎度毎度修正は必ず入るので最初から3桁構成にしたのかもしれません。

近々おそらく修正パッチがくるかと思いますので、情報が入りましたら紹介したいと思います。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!