[MOD]ステラリス At War: Planetary Cannons 惑星に反撃砲を設置

Mod紹介

2.2

Stellaris Ver2.2対応


今回紹介するのはStellarisの惑星に、軌道爆撃に対する反撃砲を導入するMod

At War: Planetary Cannons

Steam Workshop :: At War: Planetary Cannons
Steam Workshop: Stellaris. Tired of sitting passively while your enemies bombard your planets? Build some planetary cannons to fight back! These cannons target ...

です。

※画像はSteamワークショップ内のものを引用。

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
仮に何らかの不具合が起こっても一切責任は持てませんm(__)m
スポンサーリンク

At War: Planetary Cannons 概要

At War: Planetary Cannonsはステラリスの惑星に
侵略者の軌道爆撃に対抗するための反撃砲を導入するModとなります。

これまでのような衛星軌道上からの攻撃はただ我慢して受けるだけ―というところを改善するModになります。

Modの導入で得られる反撃砲は次のような内容になっています。

  • 惑星電磁コイルガン:
    一度に20発を発射。命中率35%。10~25船体ダメージ。クールダウン期間3日。コイルガンのテクノロジー取得でアンロック。
  • 惑星電磁レールガン:
    一度に20発を発射。命中率40%。20~35船体ダメージ。クールダウン期間4日。拡張レールガンのテクノロジー取得でアンロック。
  • 惑星プラズマキャノン:
    命中率50%。100~500船体ダメージ。クールダウン期間5日。プロトンランチャーのテクノロジー取得でアンロック。
  • 惑星中性子キャノン:
    命中率60%。500~1500船体ダメージ。クールダウン期間7日。アップグレード1回。ニュートロンランチャーのテクノロジー取得でアンロック。
  • 惑星タキオンキャノン:
    命中率70%。1000~5000船体ダメージ。クールダウン10日間。アップグレード2回。タキオンランスのテクノロジー取得でアンロック。
  • 各反撃砲は軌道爆撃を受けていない間でも輸送船を対象に攻撃することが可能。
  • 惑星決定の仕組みを使用して、艦隊よりも輸送船を優先して攻撃するよう設定することが可能。

また運用上のその他の特徴として

  • 反撃砲の攻撃は敵の船体に直接ダメージを与え、シールドと装甲は無視される。
    ※これはModの仕様上の理由のためとのことです。
  • 敵の艦隊は惑星軌道には入らないので反撃砲に対してダメージを与えることはできない。

とのことです。
これらはModを制作する上での制限のようですので、そういうものなのだと受け入れて使うしか無いと思います(・_・)

At War: Planetary Cannons の注意点

互換性

At War: Planetary CannonsはStellarisバージョン2.2以降に対応しています。

またバニラファイルの

common/message_types.txt

を上書きしますので、ここに作用する他のModとは競合が発生する可能性があります。

導入必須Mod

特に無いようです。

導入推奨Mod

特に無いようです。

At War: Planetary Cannons 導入方法

Steamのワークショップからサブスクライブします。

Steam Workshop :: At War: Planetary Cannons
Steam Workshop: Stellaris. Tired of sitting passively while your enemies bombard your planets? Build some planetary cannons to fight back! These cannons target ...

ページにある[+サブスクライブ]のボタンをクリックするとModがダウンロードされます。
その後ステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で当Mod

[At War: Planetary Cannons]を選択してください。

感想・まとめ

ステラリスの惑星に軌道爆撃に対する対抗手段を導入するMod、At War: Planetary Cannonsの紹介でした。
敵から攻撃された時の備えとして惑星に設置しておくと良さそうですね。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!