惑星連邦でST:New Horizons #35 ステラリス スタートレックAAR

プレイ日記
この投稿は長文&画像数も多いためPCでの閲覧がオススメです。

Stellaris上にスタートレックの世界を再現する大型Mod、
ST:New Horizonsを使ったAAR(アフター・アクション・レポート)の35回目です。

前回第34回はスタートレックの映画、「故郷への長い道」に関するイベントが完結(実はまだ少し残ってます)。

惑星連邦でST:New Horizons #34 ステラリス スタートレックAAR
ステラリスにST:New Horizonsを導入しスタートレックの世界を冒険していきます。第34回目は「故郷への長い道」イベントが完結。そしてザクドリアンが人類を裏切って寝返ります。

今回はイベントも終わってまた領土拡張を目指していきます。

それでは、
惑星連邦でST:New Horizons #35
さっそく行ってみましょう\\٩( ‘ω’ )و //

AARの使用ModST:New Horizons(1.9.1版に手動差し替え)
ST:New Horizons Content Submod(2.2版)
ST:New Horizons UI – FEDERATION(1.9.1版を少し調整)
–以下は導入非推奨を承知で使用–
Japanese Language mod
(Legacy 1.9) UI Overhaul 1080p ※1.9.1対応版
ゲーム内イベント等の和訳はスタートレックの世界観を盛り込んだ上での意訳です。
必ずしも原文に忠実に翻訳しているわけではありません。
スポンサーリンク

ではロミュランにはこの銀河からご退場願おう

AAR第35回の概要

AARを時系列で書く都合上、どうしてもイベント発生ごとに
あっちに行ったりこっちに行ったりしてしまいます。

最初に大まかな概要をお知らせすると今回のAARでは

  • ロミュラン率いる連邦と戦争

がメインのお話です。

クジライベントに続きがあった

2275.11.24

終わったと思っていたクジライベントに後日談的なものがありました。

過去からやってきたザトウクジラは現在の地球の海で繁栄していけるのでしょうか。
両者は繁殖ペアであるように見えますが彼らの生体数を元通りにすることは
不可能ではないものの、高度な遺伝技術を用いた挑戦的なものとなるでしょう。

すでに惑星連邦の海洋科学チームはクジラとコミュニケーションをとり前に進み始めています。

とのこと。

なおExcellentをクリックすると地球に対して社会学と幸福度にボーナス効果が得られました。
イベントボーナスがなにも無いと思っていたんですが、最後の最後で良いのがもらえました。

これにてクジラのイベントは今度こそ終了です。

ロミュランと戦争を行うが…

2276.11.30

クジライベントが終わってちょうど1年ほど内政だけをやっていました。
その間、銀河内で特に動きもなく惑星連邦が拡張していく方向性が定まりません。

そこで動きを出そうと、ロミュランと戦争を行いロミュラン帝国は母星のあるロミュラス以外の星系を全て開放することにしました。

これでロミュランが著しく弱体化するはずですので、彼らの連邦が解体されればしめしめです。

 

…ここから数年かかる長い戦争が始まるのですが特に変わったこともなく
ただ艦隊戦→惑星占領の作業を繰り返すだけとなりました。

特に見せ場もなかったので省略します。
気になる方は動画を御覧ください(といっても動画もかなり省略して編集してあります)。

2284.07.27

7年8ヶ月かかってロミュランに勝利。

画像、赤で囲った箇所の濃いブルーの帝国が開放ロミュラン帝国です。

ただしこの開放ロミュランを連邦準加盟にすら誘えないという大誤算( -_-)
他の連邦構成国の反対票が多すぎてダメのようです。

戦争をしている間に#32で開放したBreen分家の統合を進めていて、そちらが半年後の2285.02.11に統合完了する予定。

その状態になれば反対票が減って開放ロミュランを連邦順加盟に誘えるようになるはずなのでそれまでは待ちですね。

 

それから時間が戻りますが、戦争中にひとつ大きな動きがありました。

2279.10.03

惑星連邦とアルファ宇宙域で接するシャリアック、ベータ宇宙域で接するBreenの2帝国が連邦を組みました。

どちらもそこそこ規模の大きな帝国なので厄介な状況です。
これで惑星連邦は銀河MAP上方のデルタ宇宙域、ガンマ宇宙域のどちらにも出ていくことができなくなりつつあります( -_-)

※詳しい銀河MAPの現状は最後に紹介。

戦争終了後の銀河の様子

ナイベリトは引き続きソリアンと防衛協定締結中。
とにかくこれが何らかの理由で外れないことにはソリアンを攻めることができない( -_-)

クリンゴンが開放ロミュランに対して独立保障。
クリンゴン帝国と元々のロミュラン帝国はお互い宿敵宣言しあうほど仲が悪いのですが、この開放ロミュランに対しては好意的なようですね。

 

今回はここまでとなります。

今回のプレイ動画

ST:New Horizonsのゲームプレイ35回目でした。

AARではかなり省略したものの今回分のプレイ時間は3時間弱で、もうヘトヘト。
ステラリスの戦争って時間がかかりすぎるのがネックですわ( ´Д`)

銀河MAPはこんな感じになってます。

  • ピンクで囲ったのがナイベリトとソリアンの防衛協定
  • 青で囲ったのがBreenとシャリアックが組んだ新連邦
  • オレンジで囲ったのが今回弱体化させたロミュラン、フェン・ドゥマーなどの連邦

となっています。

緑で囲った地域は他の帝国もまだ手を付けていない未開拓の銀河中心部付近です。
もうここしか目指すところが無いんですが、ここに行くには黄色で斜線を引いたシャリアックの領土を通らないとFTL航路の関係で移動できません( -_-)

なので惑星連邦はもう実質、拡張できるところが無いんですよね。
この状況を早めになんとか崩していかないと
ゲームが手詰まりになってしまいそうな予感…( ´Д`)

今回の動画はこちらです。

惑星連邦でST:New Horizons #35 [ステラリス 実況]

それではまた( ✧Д✧) カッ!!