惑星連邦でST:New Horizons #32 ステラリス スタートレックAAR

プレイ日記
この投稿は長文&画像数も多いためPCでの閲覧がオススメです。

Stellaris上にスタートレックの世界を再現する大型Mod、
ST:New Horizonsを使ったAAR(アフター・アクション・レポート)の32回目です。

前回第31回ではカーデシア+シャリアックを相手に戦争を開始した惑星連邦。
新たに覚えた「先駆け」の機能を使って最初の大規模艦隊戦で無事勝利…
という展開でした。

惑星連邦でST:New Horizons #31 ステラリス スタートレックAAR
ステラリスにST:New Horizonsを導入しスタートレックの世界を冒険していきます。第31回目はカーデシアとの戦争に突入。そして艦隊戦を有利に進める「先駆け」の使い方にようやく気がつきました…( -_-)

今回は戦争の続きです。

それでは、
惑星連邦でST:New Horizons #32
さっそく行ってみましょう\\٩( ‘ω’ )و //

AARの使用ModST:New Horizons(1.9.1版に手動差し替え)
ST:New Horizons Content Submod(2.2版)
ST:New Horizons UI – FEDERATION(1.9.1版を少し調整)
–以下は導入非推奨を承知で使用–
Japanese Language mod
(Legacy 1.9) UI Overhaul 1080p ※1.9.1対応版
ゲーム内イベント等の和訳はスタートレックの世界観を盛り込んだ上での意訳です。
必ずしも原文に忠実に翻訳しているわけではありません。
スポンサーリンク

カーデシア+シャリアックとの戦争を継続

AAR第32回の概要

AARを時系列で書く都合上、どうしてもイベント発生ごとにあっちに行ったりこっちに行ったりしてしまいます。。。

最初に大まかな概要をお知らせすると今回のAARでは

対カーデシア+シャリアック戦

がメインのお話です。

敵の開拓前線基地を壊して回る

ステラリスでは戦争を始めると普段は通行できない敵の領土内でも自由に動けます。

このルールを利用していつもなら手が出せない、ー相手方が設置している邪魔な位置の開拓前線基地を壊して回るーというのも大事な目的となります。

今回の戦争では惑星連邦領の北側で接している
シャリアックの保有する惑星は攻撃しないことにしましたが、
代わりに開拓前線基地を全て壊すことでシャリアック領を押し返して後退させることにしました。

この状態が

こうなりました

最終的にシャリアック領がずいぶんコンパクトになっています。
また同様にカーデシアの基地も全て破壊しておきました。

序盤戦以外は消化試合

2268.12.28

かなり時間が飛んでいますが、その間特に大きな動きも無く
ただ占領を地道に行っているだけでした。

前回#31の最初の両陣営の激闘でもう勝負は決まってしまった感じです。

ステラリスは最初の艦隊戦が一番大事で、そこに勝てればほぼ戦争は勝ちになります。
後からAIに逆転されるというのはなかなか無いんですよねえ。

逆にプレイヤー側が1度の艦隊戦で負けても後から逆転するという事は不可能じゃないです。
ものすごくキツくてギリギリの状態から何年もかけて逆転して勝つということはありえますし、実際やったこともあります。
AARにはしてない別の帝国でのゲームでですけど(・_・)

 

現在の戦争状況はこうなっています。

戦勝点は51%。50%を超えてくれば和平を申し込めるので今すぐ戦いをやめることも出来ます。

が、前回戦争をした対ロミュラン戦で中途半端なところで戦争を放棄したばかり。
あんな事はもうごめんですので、今回は要求を全部通すまで徹底的にやろうと思います。

2272.06.22

そしてカーデシアから降伏宣言が来ました。
結局戦勝点が80%を超えてあと、少し間を置いて降伏してきました。

かなり端折りましたが、正直なところあんまり書くようなことも無かったです(・_・)

Breenの分家が独立

戦争で惑星を開放したことでBreenの分家のような形でこちらの帝国が誕生しました。

さっそく移民条約の締結と連邦準加盟に誘っておきます。

場所は画像、黄色丸内の地域です。惑星連邦の領土で分断されてしまっています。
この2つがくっついて独立してくれれば良かったのですが…。

その後無事に準加盟になりました。
しかし画像のように、連邦正加盟に誘おうとするとどうやらダメみたいです。
詳細を見てみるとバイナーは賛成してくれるけど、ボリアンとロミュランの分家が反対票のようですね。

しかし、このロミュランの分家はもう間もなく惑星連邦への統合が終わって、票を入れる権利が消滅します。

よって反対票はボリアンだけになり、惑星連邦とバイナーの賛成票で問題なく連邦に加盟できるはずです。

ボリアンはどうもこちらの意図に反対票を入れることが多いので、早めに統合して投票権を取り上げてしまいたいと思います。

ガンマ宇宙域を目指す

2272.07.11

戦争は終わったばかりですが次の目標はもう決まっています。

こちらは惑星連邦と友好的なナイベリトです。

連邦に誘う際の障害が距離のみという状況が長い間続いています。
彼らは帝国の面積も広く、なんとか取り込みたい。

位置関係です。

緑の矢印の方向に進むことを考えています。

今回の対カーデシア戦の結果惑星連邦の領土は銀河左側へと少し進み、
画像左下のソリアンと戦える位置まで近づくことが出来ました。

彼らと戦争して惑星を開放→惑星連邦に取り込めばナイベリトとの距離を縮める事ができるはず。

そしてナイベリトを連邦正加盟にした後、将来的に惑星連邦と統合してしまえば、ガンマ宇宙域は小帝国が多いのでそれらを一気に味方に引き込む事も不可能ではなさそうです。

これでゲームの展開がだいぶ早くなるんじゃないでしょうか。

…というプラン(妄想)を持っているんですけどそんなにうまくいきますかねえ…(・_・)


今回はここまでとなります。

今回のプレイ動画

ST:New Horizonsのゲームプレイ32回目でした。

次回からはソリアンと戦う準備を進めて行きたいと思います。

今回の動画はこちらです。

惑星連邦でST:New Horizons #32 [ステラリス 実況]

それではまた( ✧Д✧) カッ!!