AAR 大長編ステラリス バルカンの宇宙開拓史 その12

記事をシェアする

前回のAARから大分間隔が開いてしまいました。申し訳ないです・・・(-_-)

バルカンの宇宙開拓史 その11では、ついにゲッコ族と連邦を作ることに成功したバルカン評議会。
これでゲームの流れが一気に有利になって来ました(・∀・)

前回のAAR、バルカンの宇宙開拓史 その10では、キノコ星人と鳥星人の連邦に勝利したバルカン評議会。 味方である人類艦隊の活躍が印象的でし...

そして前回AAR終了間際では連邦準加盟のエリンギ星人が他の帝国から宣戦布告されてしまいました。
この宣戦布告に対してバルカンはどう立ち回っていくのか。

それでは大長編ステラリス バルカンの宇宙開拓史 第12回目
行ってみましょう\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

現在の状況

銀河の状態

2333.12.28

バルカン評議会はゲッコ族と連邦を組んだ事で銀河内では圧倒的な勢力(没落帝国除く)になったと思われます。
また従属国として、人類、鳥帝国の2帝国を従えている状態。

ゲッコ族は従属国は保有していませんが、本土以外にも銀河のあちこちに飛び地領を持っていて将来的にはこれらが繋がればかなり広範囲の領土になりそうです。

気をつけたいのはゲッコ族をあまり強大にはしないことですね(・_・)
彼らの方が裏切る可能性は今の所かなり低いと思いますが、万が一彼らが平和主義にでもなってしまった場合、
連邦として戦争を仕掛けるのが難しくなる→しかし他の帝国が強くなるのを防ぐには戦争しかない
という状況になれば連邦を解消する以外に立ちゆかなくなるという展開もありえます。
その時にゲッコ族を強大な状態にしているとややこしいことになりそうです。

なお、連邦の準加盟にはエリンギ星人がいます。

各帝国の状況

現在この銀河内で強国と呼べるのは、バルカン、ゲッコ族、キノコの連邦仲間であるサザエさん帝国、没落帝国×2、そしてヘルメットだと思われます。

ヘルメットに関しては現在国力劣等ですが、これは長年にわたってコアラ・ゲッコ族相手に戦争をしていたからだと考えています。
そしてヘルメットはこの戦争で引き分けに持ち込んでなにも奪われていませんので、そのうち国力が回復してくると考えています。

現状の強さ順としてはヘルメットを除くとバルカンがこれらの中では一番弱いのではないかと考えています。

ゲームはおそらく中盤に差し掛かっていると思いますが、そろそろ入植で増やせる領土がなくなりつつあります。
ここからは戦争で領土拡大を目指す方向になりそうですので戦闘艦を造るペースを上げていった方が良さそうです。

エリンギ星人の戦争に乗っかる

2233.12.28

連邦準加盟のエリンギ星人

エリンギ星人が隣国から宣戦布告されています。
この時点では

エリンギはほっといて、バルカンはコアラ領を取りに行く

という事も考えました。

正直エリンギは強くないので仮に負けて戦争相手に併合されたとしても、その両方を相手にバルカンとゲッコ族で戦えば余裕で勝てそうだからです。
またそうすることでこちらとしても何度も戦争をする手間を省いて一気に従属化させてしまえば攻略のスピードも伸びます。

自分たちの仲間と戦争をしている模様

ただ、よくよくみてみるとエリンギに仕掛けてきた相手は別の帝国とも戦争をしています。
そしてその相手はなんと自分たちの連邦準加盟国なんですよねえ( ´Д`)

彼らを仲間に引き込みたい

こちらのXanyr啓蒙君主国がその相手なんですが、彼らは前々からバルカンに友好的でしたし、うまくいけば将来連邦の正式メンバーになってくれるかもしれません。
そこで彼らを含めてエリンギと合わせて将来4国連邦になればより有利な展開にできると考えました。

というわけでエリンギの戦争に介入する形でXanyr啓蒙君主国も助けようと思います。

宣戦布告

今回は一気に併合を狙います

今回の戦いは惑星の割譲ではなくて一気に帝国ごと従属させることにしました。
2国ともまとめて従属させたいところですが、戦勝点が100を越えるのでそれは無理。
どちらの帝国を従属させるか悩みましたが、没落帝国と距離が離れていて国境摩擦を起こしにくいQlorviserian連合体を選択しました。

新提督の育成

新人提督を育成したい

前回の戦争後、ゲーム序盤から活躍していた提督が寿命で亡くなってしまいました。

現在母星の艦隊には提督がいませんので、新しく提督を雇用して今回の戦争で経験を積ませることにしました。

今後大規模戦争になった場合、提督1人で艦隊も1つに集中だと手薄な所を突かれる可能性があります。

そのためにも艦隊はとりあえず2編成で行こうと考えてます。

ただ2編成にするとそれぞれの戦力をそれなりに増やしておかないと強い相手には個別では勝てませんし、2編成で相手の強大な艦隊を挟撃する場合もタイミングを間違うと痛い目にあうので若干の難しさはあります(・ω・)

内政を進める

2233.12.28

入植だけやって後はセクターに丸投げ

戦争の裏で内政を着実に進めています。惑星の開発にはゲーム内での労力も時間もかかりますが、実際のプレイヤーにとってもなかなか大変なものです( ´Д`)

そこで既にセクターの領土に入っている区域の中で入植が可能な惑星に入植を進めることにしました。
セクター内の開き惑星なので、コロニー船到着後はセクター総督が惑星の開発を勝手に進めてくれます。

ゲーム中盤であれこれやることが多くて手が回らない時はセクターに丸投げしても良いと思います。

もちろん全部手動で管理した方が効率も良くスピードも速いわけですが(・_・)

社会不安の発生

2234.01.25

安易に兵を動かしたら社会不安が再発しました・・・

以前戦争で奪ったキノコの惑星ですが、こちらの地上軍を全て戦争に向かわせたところ、社会不安が発生してしまいました。

正直、一旦全軍戻して地上部隊は別途どこかの宇宙港で用意しようかな?とも思ったんですが、それだとものすごく時間がかかるんですよね・・・

それよりも社会不安が悪化しないことを祈りつつ、惑星に再度防衛軍を作ることで沈静化を図ることにしました。

とはいえ防衛軍1人の配置に60日かかるわけですから、その間暴動が起きる危険性はあります。

どちらが良いかは何とも言えません( ´Д`)

伝統の取得

2234.04.06

考えた末、支配を選択

伝統のポイントが貯まりました。

今取得途中なのは外交ですが、正直もう連邦を作ってしまったのでこれ以上外交面を急いで伸ばさなくてもいいかな?と思いました。

今後戦争になることが増えるだろうと考えて従属のコストが25%も下がる「支配」を取っておきました。

戦闘開始

ようやく前線にたどり着く

2235.07.03

このゲームはとにかく移動に時間がかかります

1年半ほどかかってようやく戦闘地帯にやってきました。
この移動時間がかかる仕様って実際ロールプレイとしてどうなんだろうって気はしますね( ´Д`)

移動して戦ってまた帰るだけで10年ほどかかる場合もあると思うんですが、それって実際の人間の人生に置き換えたら凄いことですよね。

俺、この戦争が終わって故郷に帰ったら、幼なじみと結婚するんだ・・・

とか言ってても帰ったらかなりの年月が経ってるわけです(´・ω・`)

ステラリスはとにかく移動にやたらと時間がかかるんですが、個人的にはこれはもうちょっと短縮する感じでも良いのかなぁと思います。

2236.07.01

1年ほど経過していますが、未だに戦えてません( ´Д`)
地上軍の到着を待っている間に、先行した人類が惑星を1つあっさり落としてしまいました。

仕方ないのでバルカン艦隊は別ルートで画像に表示されているターレーゼッド星を狙っていたのですが、
今度は敵の5.6K艦隊が人類が落とした星を奪い返しに来ています。
人類の艦隊で5.6Kを相手にするのは無理なので慌ててバルカン艦隊の進路を変更して倒しに向かいます。

Xanyr啓蒙君主国、敵連邦から除外される

2236.08.10

これはチャンスですね

そんな中、Xanyr啓蒙君主国が連邦準加盟の地位を剥奪されてしまいました。
そらそうですよね。ヒドイ話です(´・ω・)

早速こちらサイドに付くことを打診

これをみて早速彼らをバルカン側の連邦準加盟に誘います。
これでこの戦争の当初の目的だった彼らをこちら陣営に引き込むという目的は達成できそうです。

ゲッコ族との共闘のはずだったが・・・

2236.10.09

ゲッコ族と挟撃になっています

敵艦を挟む形でバルカン艦隊とゲッコ族の艦隊が展開する事になりました。
ようやくバルカンも初戦に入れそうです。

このまま圧倒的な戦力で削れるんだろうなと思っていたのですが・・・

全く攻撃に加勢してくれません(-_-)

ゲッコ族が全然手伝ってくれずに敵の全てをバルカン艦隊で受けるはめになりました( ´Д`)

単独で戦闘開始

こちらも敵も足を止めて撃ち合いに入っているんですが、ゲッコ族の艦隊は全く近づいてきません。

敵の惑星は既に人類が占領済みなので、爆撃する必要は全くありません。
惑星軌道上に艦隊がとどまる理由がなにも無いんですよね。

いったいどう言うつもりなんですかね・・・( ´Д`)

全然手伝うそぶりがありませんね・・・

仕方がないのでバルカン単独で戦い続けます。
順調に敵を削ってますが、こちらも少しずつダメージを受けています(-_-)

ゲッコ族は見ているだけでした

ようやく倒しきりました。ゲッコ族はやはり軌道上に待機したまま。何も手伝わずに戦闘が終了しました。

この辺はゲーム内AIがどういう思考なのかは分かりませんが、正直ちょっとイラッとしますね(笑)

とりあえずこれで敵艦隊を壊滅させたのであとは惑星を1つ落とせばほぼ戦勝点が溜まって終了だと思います。
一気に終わりが見えてきました(・∀・)

ターレーゼッド星系攻略戦

銀河よこれがハイエナ戦法だ

2238.08.26

人類の後からついていく姑息な戦法(-_-)

一度修理に向かわせたバルカン艦隊を、敵トカゲ星人の惑星ターレーゼッド星系の征服に向かわせます。

バルカン艦隊が到着する前にすでに人類が宇宙港を破壊してくれています。

人類が戦ってがら空きになった敵惑星に後からやってきたバルカン艦隊がハイエナのように群がります。

そしてなんとまたゲッコ族が後からやってきています・・・
彼らに惑星を落とさせるのはシャクなので内心ムキになって地上軍を送り込みます(笑)

敵地上部隊の数が多い・・・

地上軍を送り込んでから気がついたのですが、敵の防衛軍の数がかなり多いです。。。
この辺、久しぶりにゲームの続きをやったせいか事前に確認することを全く忘れていて頭から抜けていました( ´Д`)

このとき実際には、ちょっと人数の差があるのでまずいんじゃなかろうか?地上軍が壊滅したら再構成するのにとんでもない時間がかかるので、戦争が長引くんじゃないか?とドキドキしながら進めています(-_-)

2339.01.15

なんとか占領完了

地上軍はダメージを受けましたがなんとか倒しきって無事占領。
これで戦勝点も64%まで上がったのでもう一息です。

そういえば今回もゲッコ族は何もせずに途中でどこかに行ってしまいました。
どうも積極的に何かをする気はなさそうな感じです

敵の宇宙港を破壊して細かくポイント稼ぎ

2339.04.04

宇宙港の破壊で1%ほどポイントが上積みされます

もう一つぐらい惑星を占領しても良さそうですが、飛び回って宇宙港を破壊した方が早そうなので適当に移動して破壊活動を行うことにしました。

当初は戦争後に従属させるのでQlorvinserian連合体の宇宙港は無傷にしようかとも思いましたが、よくよく考えると今回は惑星をもらうわけではないので、後の修復は彼らが自分たちでやることになります。
なので気にせずに破壊することにしました。

それと、トカゲ星人の方に10Kの戦力があることが分かったのでそれを相手にするとこちらも無事では済みません。
なのでトカゲ星人を避けてポイント稼ぎをすることにしたわけです(・_・)

2239.08.07

1つ壊したら次に移って宇宙港を破壊していきます。

戦争の終結

2239.08.23

特に何事もなく勝てた感じですね(・_・)

宇宙港を破壊して戦勝点66%になったところで勝利となりました。

あっさりと終了で余裕の勝利です(・∀・)

今回ゲッコ族の動きには多少不満もありましたが、まあ彼らは大群を配置することで抑止力になったのだろうと解釈しておこうと思います。

これでバルカンの属国がまた1つ増え、銀河の支配域が広がりましたね(・∀・)

今回のプレイ動画

今回はここまで。
比較的楽勝で戦争が終わり、またバルカンの勢力が拡大しました。

この後すぐはトカゲ星人とは戦えないのでしばらくは様子見です。
次はキノコを叩くか、あるいはコアラを叩くかになると思います。

それからできれば外交でエリンギも連邦の正式加盟にしてしまいたいような気もします。

また、できるかどうかは分かりませんが、
キノコと連邦を形成しているサザエさん帝国。
彼らはバルカンに対する態度がかなり良いので、彼らをなんとかこちら側の連邦に入れてしまえば、
一気に連邦が巨大勢力になってこのゲームはもう終了だろうと思います。

今回の動画はこちらになります。

次回はどんな展開が待っているでしょうか??

それではまた( ✧Д✧) カッ!!