ステラリス 開発者日記 第94回 Cherryhでのアセンションパークと調査について

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスの開発者日記 第94回が掲載されています。
今回は記事の分量が少ないですYATTA!\(^o^)/

Hello everyone and welcome to another Stellaris dev diary. Today's topic was supposed to be ship balance and doomstacks, but because certain things...

今回も内容を理解できる範囲で紹介してみたいと思います。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内の画像はフォーラム内のものを引用しています。

スポンサーリンク

冒頭のお知らせ

今回の内容はCherryhアップデートでのアセンションパークと調査に関する内容とのことです。

ではさっそく見ていきましょう( ゚д゚)ノ

なお開発者日記内のCherryh アップデートの内容についてはまだテスト段階なので今後変わる可能性が大いにあるとのことです。

以下開発者日記を意訳したものです。

※この緑枠内の文章は管理人の感想・考察です。

アセンションパーク

Ascension Perks(アセンションパーク)はユートピアDLCの有料コンポーネントとして伝統のシステムに追加されたものである。

プレイヤーが伝統ツリーを取得する際に興味深い選択肢を示し、シンプルでパワフルなボーナス、あるいはメガストラクチャのアンロックなどの機能をもたらす。

しかし導入後アセンションパークは、Synthetic Dawn DLCで行った機械帝国にユニークなアセンションパークの追加のように、あらためて再構築を行いたいシステムとなった。

しかしこの再構築をユートピアDLCのみの範囲で行うのはあまりにも制限が多い。

したがってCherryhのアップデートでは、自然の習得、銀河の守護者などの基本的なアセンション・パークを誰もが無料で利用できるようにする予定である。

バイオロジカル、サイオニック、シンセ、メガストラクチャーといったアセンションパークは依然としてユートピアを必要とする。

機械帝国の昇天は自然解放だが要Synthetic Dawnとなる。

アセンションパークのコアシステム自体が基本ゲームの一部となるため、ユートピアDLCを所有していなくても、少なくとも基本セットのアセンションパークを使うことができるようになる。

工エエェェ(´д`)ェェエエ工
有料でユートピアDLC(しかもユートピアは他より少し高い)を買った人にとってこの仕様変更は微妙すぎる気が・・・
なお「一部有料じゃなくなるから」だけ書いて言い逃げで、
その後開発者日記内でなんのフォローも書いてありませんでした。
大丈夫かしら。また荒れるんじゃないのこれ(´・ω・`)

調査通信トレーディング

調査、アノマリージェネレーション、星図の取引等はなかなかうまく行っていない。

たとえば、他の帝国の領域内ではアノマリーを発見できないことであったり、星図の取引が実際には悪い手なのかもしれないということが、プレーヤーにとって非常に不透明となっている。

このため調査作業の方法をいくつか変更することにした。

Cherryhアップデートでは、通信中の帝国の国境にあるシステムは自動的に調査対象とみなされ、科学船をそこに送り込む必要はなく、アノマリーを起こす可能性のない惑星をスキャンする時間を無駄にする事が無くなる。

没落帝国等いくつかに関して例外となる。

それら例外の宙域は引き続き手動で調査する必要があり、アノマリーの発生も起こる。

その変更の一環として、星図の取引だけではなくキュレーターから星図を購入する機能を廃止することにした。

代わりにこれを通信と別の帝国との取引オプションに置き換える。

※この後、英文の意味が比喩的でよく分からなかったので一部カット

未知の領域の変更

最後に、未知の領域にいくつか変更を加えバイパス(ワームホールとゲートウェイ)を使って適切に動作させるようにした。

これまで領域が未知であるか既知であるかは、あなたの帝国の船がどの領域まで発見したかを物理的なピクセルによって判定していた。

しかし今後はあなたの船がどのシステムを訪問したのか?に切り替わる。

「訪問した」とは、あなたが船で実際にシステムに行ったことがあるか、またはシステムが通信している帝国の国境の内側にいるか、を意味する。

そのため未知の領域に関しては、あなたが帝国と遭遇した後に手動で通信画面を立ち上げて確認する必要がなくなった。

また、星雲のような重要な銀河の特徴がより見やすくなった。

来週はチェリーアップデートとは無関係だが、エキサイティングな内容について話す。

感想・まとめ

以上、Stellaris 開発者日記 第94回の紹介でした。

さて、いきなり大鉈が振るわれることになった、

アセンションパークの一部無料開放

ですが、上でも書いたようにちょっと気になるのが

「一部無料にするから」

の言いっぱなしで終わってしまってるんですよね(´・ω・`)

有料で売ってるものの機能を一部とは言え、無料にするからの一言で既に購入したユーザーは納得できるんでしょうか?

私もユートピアはお金出して買った口なので若干ながらモヤッとします。
まあそこまでエキサイトするほどでも無いけど・・・(・_・)

もしかすると有料で持ってる人には一部無料になった埋め合わせ的に
某かの追加要素があるのかもしれませんが
それに関して今回の開発者日記では一切触れられてませんでした。

ていうか、現時点のフォーラムの全コメントをざっと見たんですが、

「ユートピアの所有者に補償はしないのか?」

という趣旨の質問を、パラド社のステラリス開発責任者であるWiz氏は完全に無視してるんですよねえ(´・_・`)
他の質問にはどんどん答えているのに。

どうなるかは分かりませんがいい方向に進むことを期待したいと思います。

それではまた次回!( ✧Д✧) カッ!!