ステラリス 開発者日記 第195回 ハッピーホリデー&ステラリス救援のお願い

スポンサーリンク
更新情報

2020/12/20

フォーラム内のやり取りは開発陣側から特に回答のある質問等はなかったようなので今回は何もなしで締めたいと思います。


パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスの開発者日記 第195回が掲載されています。

Stellaris Dev Diary #195: Happy Holidays & Help Stellaris
Hello everyone! We’re approaching the end of 2020 and we in the Stellaris team wish you the happiest of holidays! This year has certainly been a challenging on...

今回は年内最後の開発者日記ということで新年初回の日記の予告編となってます。
またStellaris開発チームに加わって開発を手伝ってくれる人材募集のお知らせもあります。

以下パラドックスフォーラムの内容を意訳したものとなります。
※画像等はフォーラムより引用。
スポンサーリンク

ステラリス 開発者日記 第195回 ハッピーホリデー&ステラリス救援のお願い

今回の担当はステラリスのゲームディレクターのgrekulfさんです。

冒頭のあいさつ

みなさん、こんにちは!

私たちは2020年の終わりに近づいており、Stellarisチームの私たちは、皆さんの幸せな休日を願っています!
今年は確かに多くの理由で困難な年でしたが、そんな状況下にあっても世界情勢に比較的影響を受けていない業界で働くことができて幸運でした。
私たちにできることは私たちが今持っているものに感謝し、私たちの周りの人々を助けようとすることだけです。

また、多くのファンの皆さんに感謝しており、私達は皆さんのために今後用意しているものについて興奮しています。
開発期間はまだ数ヶ月残っており、来年よりの開発者日記にて残りの機能を紹介する予定です。
私たちがそれらについて話すのと同じくらい皆さんがそれらを読むことにワクワクすることを願っています!

Federations(DLC)は協力と秩序を目指していましたが、次にStellarisへ追加されるものはきっと違う体験を提供することでしょう。
銀河の運命は、皆さんが悪戦苦闘の末得られた結果の付帯物の中にこそあるかもしれません。
そして皆さんはそれをどのような目的へと導くでしょうか。

これらのヒントは微妙な内容かもしれませんが、私が今明らかにできることは新年を迎える開発者日記の話題です。
皆さんの多くは、Espionage(諜報活動)がゲームに追加される明確な兆候が示されていることに気付いていることでしょう。
これが、2021年の初めにお話しする内容です。

進行中の作業です。ゲーム開発は楽しいものです。そして時には開発中に意図していない状況が発生する可能性があります。

諜報活動についてはまだあまり明らかにしていませんが、Intelや情報収集などにも深く関わってくるでしょう。
私たちが他の多くのシステム(考古学のような)で作業するのと同じように、私たちは通常、新しいゲームシステムを楽しく面白いコンテンツと組み合わせます。
アクションを実行して結果が出るまで待つだけの機能ではなく、途中でイベントやランダムなイベントが発生するようにしたいのです。

新しい年からスパイネットワークから運用、資産、そしてそれらがどのようにインテルと結びついているかに至るまで、これらすべての新機能についてお話しします。
私たちのチームが成し遂げた進歩をすぐに共有できることを非常に楽しみにしています。

人材募集のお知らせ

多くのチームワークがゲームの新機能を作るのに使われ、それぞれの職業は異なる部分に貢献します。
私たちは現在、Stellarisを改良し続け、より新しいクールなコンテンツを作るために私たちの力に加わる多くの才能を探しています。
私たちは未来のための大きな野望を持っており、私たちのランクを強化する必要があるのです!

私達は現在以下の人材を募集しています:

  • シニアプロデューサー:私たちのゲームプロジェクトの実行を手伝ってくれませんか?
  • シニアゲームプログラマー:ゲームにクールな新機能を実装するのを手伝いたいですか?
    パフォーマンスやAIについて私たちを助けたいですか、それともあなたはそれらのスペシャリストですか?
  • 中級レベルのゲームプログラマー:ゲームにクールな新機能を実装するのを手伝いたいですか?
    パフォーマンスやAIで私たちを助けたいですか、それともあなたはそれらのスペシャリストですか?
  • リードアーティスト:私たちがアーティストをリードし、必要な品質で適切なアセットを提供できるように支援したいですか?
  • テック・アーティスト:私たちのアーティストとプログラマーの間のインタフェースになりたいですか?
    同僚がタスクをより簡単に行えるように、適切なツールの作成を支援したいですか?
  • シニアコンセプトアーティスト:ゲームにもっとクールなものを追加するのを手伝いたいですか?
    宇宙ドラゴン、クールな新しい船、JEFFなどを描くのを手伝ってくれる人がもっと必要です。
  • シニア3Dアーティスト:同僚が描いた概念を具体化し、船や巨大構造物を建造したいですか?

これらの役割のいずれかに興味がありあなたに適していると思われる場合、または誰か人材を知っている場合は遠慮なく応募してください!

次の開発者日記は1月14日となります。
それまでは休暇を楽しくそして安全に過ごしてください!
あけましておめでとうございます!また2021年を素晴らしい年にしましょう!


以上

フォーラム内のやり取り(Q&A)

フォーラム内のやり取りで気になったものを紹介。回答者毎に分けて記載します。

後日更新予定。今回は特にないかも?

感想・まとめ

以上、Stellaris 開発者日記 第195回の紹介でした。

スパイ活動の要素がステラリスに導入されるとのこと。
ただし開発にはまだ数ヶ月かかるらしいので実装は当分先になりそうですね。
これから本格的な冬で流行り病も更に増えるでしょうし、そうなれば予定も延期になる可能性も出てきますしね…(´・_・`)

またステラリス開発チームでは人材を募集とのこと。
我こそは!という方は応募してみてはどうでしょうか。
日本からも採用してくれるのかはわかりませんが、今のご時世は世界中でリモートワークですしパラドックス社はコロナ騒ぎよりずっと前からもともと世界中に開発スタッフがいるみたいなので案外日本からもいけるのかもしれません。

次回のステラリス開発者日記は2021年1月14日とのこと。
ということでこのサイトでの日記紹介もそれまではお休みになりますm(_ _)m

※Mod紹介はとりあえず年内分はストックがまだありますので引き続き月曜にUPしていく予定です。
ただ年明け分のストックが枯渇して無いので、来年以降Mod紹介をどうするかをこれから数週間で考えます。
頑張れる間はなるべく続けたいですが…(´・_・`)

それではまた( ✧Д✧) カッ!!