AAR 大長編ステラリス バルカンの宇宙開拓史 その10

記事をシェアする

前回のAAR、バルカンの宇宙開拓史 その9で、キノコ星人と鳥星人の連邦に対して宣戦布告したバルカン評議会。

前回のAAR、バルカンの宇宙開拓史 その8で、コアラ星人との戦いに勝利したバルカン評議会。 しかし、戦争に勝利した後、味方のは...

彼らの連邦をこれ以上肥大化させないためにも、
この戦、必ず勝たなければいけません。

それでは大長編ステラリス バルカンの宇宙開拓史 第10回目
行ってみましょう\\٩( ‘ω’ )و //

スポンサーリンク

まずは鳥と戦いますよ

戦争目標を確認

2318.04.13

戦争目標

今回の戦争目標は

  1. 鳥を帝国ごとバルカンに従属させる
  2. キノコの惑星でバルカンに一番近いクシラックを頂く

となっています。

鳥を従属させるのは彼らの連邦「星間協定」の解体を狙っています。
それは星間協定の準加盟にゲッコ族が入っていて、このままゲッコ族が正式加盟すればバルカンでは太刀打ちできなくなるためです。

そして同時にキノコの惑星を1つ奪うことで彼らの力を削いでおきます。
将来キノコとはまた戦う事になるかもしれませんので、力を減らしておくことは大切です( ✧Д✧) カッ!!

初戦の場をフォーノークとした狙い

熟考の上決めています

鳥の惑星は4つありますが、初戦でフォーノークを落とすことにしました。

なぜここを選んだかというと、

母星は守りが堅く敵の大軍がいる可能性が高い。
また地上軍の数も多く侵攻軍も大量に必要。
侵攻時に人数が減ってしまうとその後の戦争に影響が出てくる。
よって初戦には向かない。

画面一番左上のキラムは遠いためおそらくこちらのワープドライブ2型では、
一発ではたどり着けず時間がかかる。
その間に敵艦と行き違いになり、バルカン領に来られると一気にピンチになりかねない。

フォーノークの宇宙港を素早く落とし、その後敵艦が移動してきた時には、敵宇宙港の援護なしの状態で1対1の戦いに持ち込みたい。

フォーノークでバルカン艦隊が敵艦を引きつけている間に、
人類の艦隊が追いついてきて、画面一番下のウィシーを攻撃してくれる可能性が高い。

この戦いでバルカンの拠点になる、モセラムにすぐ帰ることができる距離で戦いたい。

などを考慮しています。

動画内では尺の関係で全てを説明できませんでしたが、
実は私なりに色々と考えているんですよ・・・(・ε・)

このような見通しを持って初戦をフォーノークでの開戦としました。

フォーノークの戦い

来たか・・・ガタッ

フォーノークには予定通りまずバルカン艦隊が到着し、宇宙港を破壊できました。
そして破壊後に鳥の9.2K艦隊が到着したので、作戦通り1対1の戦いに持ち込むことに成功。

力対力のぶつかり合い

12K以上あったバルカン艦隊もガンガン削られて行きます。
鳥の方がテクノロジーレベルが高いため装備が良いのでしょう。
一方こちらは数と実体弾が頼みのゴリ押しです。
バルカン艦隊も負けずに鳥艦を削っていきます。

まさに肉を切らせて骨を断つ

いきなりガチガチの力勝負になりました( ̄□ ̄;)

全てを破壊して完全勝利!

鳥の9.2K艦隊を全て削りきって倒しきりました。後から考えてもこれは正直ものすごく大きかったです。

そして鳥艦隊を倒しきった直後、次の艦隊がワープしてきたので
もうキノコが来たのか??
とかなり焦りましたが、正体は小さな連邦艦隊でした。
これも今ここで片付けてしまい、フォーノークの戦いは勝利です(・∀・)

このまま軌道爆撃に入るとキノコ艦隊がやってくる可能性が高いため、いったん修理に戻ります。

そして待機させていた2番艦隊を主力艦隊にして戦争続行の予定です。

人類はやはり優秀

一方、人類はこちらの期待通りウィシーの攻略に取りかかりました。

それにしても人類はものすごく優秀です。
いつもこちらの期待通りに動いてくれます。頼もしいですね。

艦隊を再編成する

1艦隊に戦力を集中

10Kある2番艦隊を主力にして、1番艦隊を防衛に回すことを考えていましたが、国力「劣等」の鳥でさえ9.2Kであの強さです。

国力「同等」のキノコなら20K艦隊で攻撃してきても不思議じゃありません。。。

ですのでここは1番艦隊と2番艦隊をまとめて1つの艦隊で戦うことにしました。

戦争中は絶え間なく戦艦を造り続けるので、そのうちモセラムに防衛の艦隊が溜まっていきます。

それまでは1つにまとめた艦隊で攻撃と防御をしながら様子を見ることにしました。

鳥の母星を狙う

疾き事、風の如く

1つにまとめた18.1Kの艦隊で鳥の母星を攻撃します。
いま動くと留守になったモセラム星にキノコが特攻してくるかもしれませんが、その時は急いで戻ればなんとかなります。

それよりもこちらが先に動いて鳥の惑星をどんどん落とすことが大事だと考えました。

順調な戦いが続きます

特に抵抗もなく鳥の母星の宇宙港を破壊。
先ほど鳥の主力艦隊は壊滅させたので、もう抵抗する力が残っていないのでしょう。
初戦で勝てたのが非常に大きいですね(・∀・)

最後の宇宙港を狙う

侵略すること火の如く

そのまま最後の鳥の宇宙港を破壊に行きます。
ここを壊してしまえば鳥はもう造船できませんので、それからじっくり惑星を落としていけばいいのです。

本当は宇宙港を破壊した後も牽制用の船を残しておけば新規宇宙港建設ができなくてより確実なんですが、
手持ちの戦力にそこまで余裕が無いので出来ませんでした( ´Д`)

これでもう鳥は艦隊を作れません

少し抵抗がありましたがキラムの宇宙港を破壊。これで鳥はもう艦隊を作れません。

あとはキノコと1対1で戦うだけになりました。

まずは惑星を1つ落とす

一方人類とバルカンの侵攻軍でウィシー星系を落としました。

ここまで順調に進んでいます(・∀・)イイヨイイヨー

キノコとの戦い

キノコ艦隊とうとう姿を現す

予想外に弱い??

人類がアグレッシブにフォーノークも落とそうと動いていた際、ついにキノコ艦隊が登場しました。

戦力11.6K。
・・・あれ?思ってたより少ないなというのが正直な感想です(・_・)
この時点でバルカン艦隊は18Kあります。

正直これを見た時、この戦争は勝ったと思いました。

いや、実はキノコはまだ10K超の艦隊をいくつか残している可能性もあるのですが、
それでも11.6K単発が相手なら18K艦隊を当てておけばまず負けません。

あとはこのキノコ艦隊を地道に削り続けていき、その裏でこちらは戦艦を造り続けていくのでどんどんバルカン側有利に傾いていきます。

ここから先は判断ミスや操作ミスをしないことに気をつけていけば、この戦争勝てるでしょう( ・ㅂ・)و ̑̑

早速18K艦隊をキノコ艦に向かわせます。

足が遅い( ´Д`)

バルカン艦隊はワープドライブがそんなに良くないので惑星到着後、動き出しまでにかなり時間がかかります。

キノコはワームホール航法なので素の状態でもワープよりエンジン回復も早く動き出しも素早くなります。

逃がしてしまった

良いペースで削りましたが、ジャンプで逃げられました( ´Д`)

またバルカンの戦艦はまだメガキャノンを積んでいないので、超遠距離攻撃もできません( ´Д`)
なので余計に足の差で逃げられるんですよねえ。

この後何度もキノコ艦隊を追いかけては削りきれずに逃げられ・・・というのを繰り返します。

伝統「外交」を取得

連邦形成への布石

2321.05.19

将来を見越して外交を選択

伝統のポイントが貯まりましたので「外交」を取得しました。

これは将来、連邦を作るための布石です。

この戦争が終われば鳥がバルカンの従属国になるため、キノコの連邦「星間協定」はキノコ1国だけの存在になり消滅します。
そしてゲッコ族も星間協定の準加盟からは外れます。

この動きを作った後、何とかしてバルカンはゲッコ族と連邦を組むのが最大の目標です。

提督が分身するバグが発生

影分身の術は禁術のはず・・・

ふと提督画面を見ると、
2人いる提督のうち下側の提督は実際18K艦隊に乗せているんですが、
表示上乗ってないことになっています。どうもおかしい。。。

これなんですが、鳥と初戦で第1艦隊が削られた後、
第1、第2艦隊をまとめた時に両方に提督が乗っていたのでどちらか外れる判定になったと思うんですが、
その時にバグが発生したんだと思います( -_-)

実際ずっと18K艦隊にはこの男性提督が乗ってました。

で、ゲーム中はあれ?なんかヘンだな?と思いつつ、
この後第2艦隊に男性提督を割り当てる操作をするのですが、
その結果なんと両方の艦に同じ提督が乗っていることになってしまいました( ´Д`)

実際両方に乗っていることに気がついたのはゲーム中でまだ先なんですが、
それにしてもとんでもないバグです( ´Д`)

まあ正直、能力値の高い提督が分身したので戦争は有利になりましたけど

キノコ領での戦いに移行

鳥の惑星を占拠完了

2325.11.19

鳥の惑星を完全占拠

キノコ艦隊と初めて戦った後も何度も何度も戦っては逃げられ、戦っては逃げられという事を繰り返していました。

がついに鳥の惑星を4つとも全て占領しました。

この時点で戦勝点は59%しかありません。
まだキノコの惑星を2つぐらい落とす必要がありそうです。

ここからはキノコの領土に戦艦を向かわせます。

バルカン艦隊 初めてキノコ帝国に進入する

ゲンゴロウのおかげで学習しました( ´Д`)

クシラック星系はこの戦争終了後に譲渡される惑星です。
ですのでここの宇宙港を破壊して惑星を占拠すると、また宇宙港を作り直したりして資源と時間がかかります。

よってクシラックは無傷のままにして、その先のスピラム星系を落とします。

これは以前のゲンゴロウ帝国と同調した戦いの経験から学習しました(´ω`)

伝統「連邦」を取得

連邦が作れるようになりました

「外交」に続いて、無事「連邦」を取得。これでバルカンも連邦を作ることができるようになりました\\\\٩( ‘ω’ )و //イェアー

まあ仲間になってくれる帝国があればですけど・・・( ̄д ̄)

キノコ艦隊の残党狩り

キノコの最後の抵抗でしょうか

鳥の母星にキノコ艦隊がやってきましたので防御用に残していた10K艦隊で叩きます。

結局ジャンプで逃げられましたが、戦勝点を少し稼ぐことができました。

キノコと最後の戦い、そして意外な結末・・・

キノコ本国での戦い

キノコ本国のスピラム星系を攻略開始。あっさりと敵宇宙港を破壊します。

早速爆撃を開始して、侵攻軍も軌道上に呼び寄せます。

が・・・

これはいけない

なんと侵攻軍の輸送艦と同じ位置にキノコ艦隊がワープしてきました( ´Д`)

これはマズイです。
ここで侵攻軍が削られると予備は10人しかバルカン領内に残しておらず、惑星の攻略が遅くなり戦争が長引きます。

急いで爆撃を止めてキノコ艦の攻撃に移行。

なんとかキノコ艦隊を追い払いましたが、この戦いで侵攻軍の生き残りが5人に減ってしまいます。

このままだと制圧は不可能なので、残してある10人をバルカン領から呼び寄せることにしました( ´Д`)

なんか良く分からんけど戦争が終わった

2327.10.27

なんとも締まりのない締めです( ´Д`)

突然鳥から通信が入って、こちらの勝利で戦争が終わってしまいました。

なんで急に終わったのか分かりませんが、こちらが見ていないところで人類辺りが敵艦を叩いて戦勝点が加算されたんじゃないかなぁと思います。
正直今でも、はっきりとした理由は分かりません( ´Д`)

なんだか最後は締まりの無い展開で終わってしまいました。
が、とにかくこれで勝ちです。

勝った!勝った!夕飯はドン勝だ!!( ・ㅂ・)و ̑̑

今回のプレイ動画

今回はここまで。

戦争に割とすんなり勝てたのは一番最初に鳥の艦隊を全部破壊しきった事だと思います。

あそこで中途半端に逃げられていたら戦局が複雑になり、どこかでキノコに隙を突かれていたかもしれません。

それと考えていたよりもキノコの戦力が少なかったですね(・_・)
12Kもいないのを見た瞬間にこれ、もう勝っただろうと思いました・・・

やはりステラリスの国力表示はあてになりませんね・・・
これ逆に「同等」でも向こうがとんでもなく多い時もあるんですよねえ・・・( ´Д`)

今回の動画はこちらになります。

次回はどんな展開が待っているでしょうか??

それではまた( ✧Д✧) カッ!!