[MOD]ステラリス Planet Raider 宇宙海賊におれはなる!!ドン!

記事をシェアする

今回紹介するModはStellarisの世界で海賊王宇宙海賊になれるという

Planet Raider

です。

ではさっそく行ってみましょう( ・ㅂ・)و ̑̑

※画像・動画はSteamワークショップ内のものを引用。

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
仮に何らかの不具合が起こっても一切責任は持てませんm(__)m
Modに関して質問をされてもお答えできません。
Modは何かが起きた場合でも自分で解決できるかどうか不安な方は導入しないことをおすすめします。
スポンサーリンク

Mod説明

Planet Raider 概要

Planet Raiderはステラリスの世界で宇宙海賊プレイが楽しめるModです。
Modを導入すると帝国の方針に「Raid Planet Measure」という海賊行為をおこなるための設定が導入されます。

その後軍隊で侵攻を行う際に惑星で略奪を行うかどうかを決めます。

海賊度の設定は4段階選べる

設定には4段階あって

Light:敵の惑星で少量のエネルギーと鉱物を襲撃することができる。

  • 惑星を襲わないという選択が可能。
  • このライトの段階は誰でも使うことができます。

Medium: 敵の惑星のエネルギーと鉱物をいくらか襲撃することができます。

  • 建物が破壊され、一部の相手市民が死ぬ可能性があります。
  • 狂信的な平和主義者は利用不可。

Heavy: 敵の惑星のエネルギーと鉱物のかなりの量を襲撃することができます。

  • 建物が破壊され、おそらく多くの市民が死ぬ事になります。
  • 軍国主義者、ゲシュタルト意識、および浄化主義者でのみ利用可能。

Honor: 敵の惑星を捕獲する際、少量の影響力と統合点を得ます。

Honorは以下の条件を満たす帝国のみ利用可能。

  1. 程度にかかわらず「異星人嫌い」の特性を持っていない
  2. 以下の内いずれか1つが必要
  • 狂信的な軍国主義である。
  • 戦士の文化(Warrior Culture)を持つ市民がいる。
  • 軍国主義であり、ある程度異星人好きの特性を持っている。
  • 軍国主義であり、Imperial Cult(帝国崇拝)の特性を持つ市民がいる。

また襲撃をした際に、敵から得ることができる資源の量は、その惑星の大きさ、人口、および開発の度合いによるとの事です。

採掘・研究ステーションの襲撃

もう一つ別の設定として

Raid Station Measure:敵の採掘ステーション、研究ステーションを破壊する際に資源を奪うかどうかを選択できる。

というのもあります。

AIから略奪されたらどうやって回復するか

Planet Raided(襲撃された惑星)の特性を持つすべての惑星は、惑星勅令 – Restore Planet(惑星回復)が利用可能となっています。
これは影響力を消費することで、襲撃により発生した変化を取り除きます。

その後、惑星は10年間のクールダウン期間を獲得し、どんな襲撃も防ぐ事が可能になります。

Planet Raider 注意点

Mod製作者様曰く、Planet Raiderはバニラファイルを操作しないそうです。
よって他のModとの競合というのは発生しにくいのではないかと思われます。

また今回のPlanet Raiderですが、製作者様が過去に作ったMod

Raid Empire Resource V1.4

の改良版となっています。
くれぐれも両方のModを併用して起動してはいけないとの事ですので注意しましょう。
こういうのは、「やるなよ、やるなよ、」・・・的なのではなく、Mod関係はやったらイカンと言われていることは絶対にやらない方が良いと思います。
ゲームデータが壊れてしまう可能性がありますし、最悪の場合もっと酷いことになる恐れもあります(・_・)

必須 Mod

導入必須のModは特にありません。

導入推奨Mod

導入推奨Modも特にありません。

Planet Raider 導入方法

サブスクライブ

Steamのワークショップからサブスクライブします。

サブスクライブ後はステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で当Mod、
[Planet Raider] を忘れずに選択しましょう。

感想・まとめ

ステラリスの世界で宇宙海賊になるMod、

Planet Raiderの紹介でした。

Stellaris 2.0アップデートで襲撃者という概念が導入される予定ですが、自分が海賊さんサイドに回ることは出来ないんですよねえ。

海賊王になりたい方やキャプテンハーロックを目指したい方は試してみてはどうでしょうか。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!