[MOD]ステラリス Machine Leader Repairer 機械帝国のリーダーを修理

記事をシェアする

今回紹介するのはStellarisの機械帝国のリーダーを修理するMod、

Machine Leader Repairer

です。

ではさっそく行ってみましょう( ・ㅂ・)و ̑̑

※画像・動画はSteamワークショップ内のものを引用。

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
仮に何らかの不具合が起こっても一切責任は持てませんm(__)m
Modに関して質問をされてもお答えできません。
Modは何かが起きた場合でも自分で解決できるかどうか不安な方は導入しないことをおすすめします。
スポンサーリンク

Mod説明

Machine Leader Repairer 概要

Machine Leader Repairerはステラリスの機械帝国のリーダーを修理することが可能になるModです。

機械帝国のリーダーは10年毎に故障判定が行われ、判定でアウトになると200日後に壊れる(死亡)ーという可能性が12%あるとのこと。

機械のほうが有機生命体より長く生き(?)そうな気もするんですが、運が悪いと短命で終わってしまうんですよね(・_・)
今回のModはそのあたりを修正する内容になっています。

Modを導入すると機械のリーダーやシンセのリーダーを修理する機能が追加されます。修理には資源等が必要とされ次の様な3つの修理パターンがあります。

  • 影響力(あるいは統合力)を消費して修理を行う。
  • 新しいボディを構築するために必要な鉱物とエネルギーを消費する。
  • 毎月、鉱物とエネルギーを消費することで修理を行う。この方法は通常では最も低コストだが1~3年の年月がかかる。

これらの方法は故障したリーダーのスキルによって決まります。

また必要な資源が不足している場合は表示されない手法もあります。

もし修理を望まない、あるいは修理に向ける資源の余裕がない場合はリーダーを解体して資源とデータを回収することが出来ます。

Machine Leader Repairer 注意点

まず、今回のMachine Leader Repairerは「誤動作」に関する取り扱いを機械とシンセの帝国のみという状態から、全ての帝国を対象へと変更しています。

この仕様変更によって、ゲーム中のどの帝国でもシンセが死亡する可能性が発生するとのことです。
ここはゲームシステムが変更されている箇所なので注意したいですね。

またModはバニラファイルのイベントを2つ修正しています。

  • 「synthetic_dawn_events.txt」内の「syndaw.11」イベント。
    10年毎の「00_on_actions.txt」によるトリガーを修正。
    トリガーの対象を機械とシンセの帝国→全ての帝国が対象に変更。
    この変更により全ての帝国においてシンセが故障する可能性が発生します。
  • 「synthetic_dawn_events.txt」内の「syndaw.12」イベント。
    確率12%で機械・シンセのリーダーが必ず死亡するという内容を修正。
    今回のModにより修理が行えるように改造。

以上よりsyndaw.11とsyndaw.12を変更するModとは競合が発生するとのことです。

必須 Mod

導入必須のModは特にありません。

Mod製作者様曰く、Synthetic Dawn DLCもUtopia DLCも
今回のMod、Machine Leader Repairerの動作には必要ないとのことです。
しかし、せめてSynthetic Dawnが入って無いとあまりModの効果が無いと思いますが・・・(・_・)

導入推奨Mod

導入推奨Modも特にありません。

Machine Leader Repairer 導入方法

サブスクライブ

Steamのワークショップからサブスクライブします。

サブスクライブ後はステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で当Mod、
[Machine Leader Repairer] を忘れずに選択しましょう。

感想・まとめ

ステラリスの機械帝国のリーダーを修理するMod、

Machine Leader Repairerの紹介でした。

運が悪いと10年毎に連続して機械帝国のリーダーがいなくなってしまうので、それが嫌な方は導入してみてはどうでしょうか。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!