[MOD]ステラリス ST: New Horizons Content Submod – スタートレックModのサブファイル

記事をシェアする

今回紹介するModは先日紹介した、
スタートレックの世界をステラリスに導入するMod、ST: New Horizons

スタートレック(Star Treck)の世界観をステラリスで再現するMod、ST: New Horizonsの紹介。 内容が盛りだくさんでSTファンにオススメのMODになっています。

の補助という位置付けになる

ST: New Horizons Content Submod

です。

ではさっそく行ってみましょう( ・ㅂ・)و ̑̑

※画像はSteamワークショップ内のものを引用しています。

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
仮に何らかの不具合が起こっても一切責任は持てませんm(__)m
Modに関して質問をされてもお答えできません。
Modは何かが起きた場合でも自分で解決できるかどうか不安な方は導入しないことをおすすめします。
スポンサーリンク

Mod説明

ST: New Horizons Content Submod 概要

ST: New Horizons Content Submodはステラリスの世界にスタートレックの世界観を導入するMod、ST: New Horizonsを使用する際の補助的なModになっています。

補助とは言え、導入必須Modとして指定されていますので実質2つ揃って1つのModと考えても良いような感じです。

ST: New Horizons Content Submodを導入することで提供される機能は

  • 4Kスクリーンの読み込み
  • 通知音声の追加
  • ST:ニューホライゾンズの音楽
  • コバリの船艇
  • シェリアックの船艇

となります。

ST: New Horizons Content Submod 注意点

ST: New Horizons Content Submod導入の注意点として次のことが挙げられています。

  • メインModである、ST: New Horizonsが導入済みである
  • 改造兵器Modを使用していない
  • カスタム帝国が有効になっていない
  • ステラリスのバージョンは最新のもの
  • ニューゲームを選択

これで動かない場合の対応としては、グラフィックカードのSLIを無効にしてドライバの更新が必要との事です。
4K等でfpsを稼ぐためにSLIをしている方は注意ですね。
ステラリスのためにSLIにしている人は相当な選ばれし勇者という気もしますが・・・(・_・)

なおSLIを切ってもだめな場合はステラリス自体のクリーンインストールを行って最初から導入手順を再度行ってほしいとのことです。

カスタム帝国禁止について

ST: New Horizons同様、今回のST: New Horizons Content Submodも開発途中のModなので導入条件がやや厳し目です。

カスタム帝国に関しては、カスタム帝国を登場させる設定が有効になっているのはもちろんアウトですが、データとしてカスタム帝国が作ってあるだけでもダメな事があるようなので、その場合ステラリスのデータからカスタム帝国を消去する必要があるようです。

私がテストした際は

カスタム帝国がデータとして存在する

ゲーム内に登場はさせない

という状態で正常に動いていたので、必ずしもダメかどうかはなんとも言えません。
がもしも可能であるならばカスタム帝国を消去した状態でゲームスタートしたほうがより安全かと思われます。

必須Mod

同じ製作者様による、このModのベースMod

ST: New Horizons

の導入が必須となります。必ず導入するようにとの事です。

導入推奨Mod

特にありません。というか他のModを何も入れないことが推奨との事です。

ST: New Horizons Content Submod 導入方法

サブスクライブ

Steamのワークショップからサブスクライブします。

サブスクライブ後はステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で当Mod、
[ST: New Horizons Content Submod] を忘れずに選択しましょう。

感想・まとめ

ステラリスの世界にスタートレックの世界観を再現する、
ST: New Horizons Content Submodの紹介でした。

ベースModとの併用が必須なら最初から1つのModで良いじゃないか・・・と素人考えで思ってしまうんですが、何か分けたほうが良い意味合いがきっとあるんでしょうね(・_・)

まだ開発途中のModのため動作面に少し不安はありますが、スタートレックが好きな方はチャレンジしてみてはどうでしょうか。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!