[MOD] Megastructure Origins 廃棄メガストラクチャ有りで開始するオリジン

スポンサーリンク
Mod紹介

今回紹介するのはステラリスに特別なオリジンを追加するMod

Megastructure Origins

です。

Modの導入に関しては全て自己責任で行って下さい。
もしも何らかの不具合が起こっても一切責任は持てません。
以下の内容は記事執筆時のものになります。
最新の状況はModのページにて確認してください。

※画像はSteamワークショップ内のものを引用。

スポンサーリンク

Megastructure Origins 概要

Megastructure OriginsはStellarisに特別なオリジンを追加するModです。
内容はその名の通りメガストラクチャ関連のオリジンとなっています。

Modを導入すると自分の帝国が

  • Galactic Surveyor (Sentry Array)
  • Divine Inspiration (Mega Art Installation)
  • Caged Star (Dyson Sphere)
  • Shattered Bookshelves (Science Nexus)
  • Celestial Uncle (Matter Decompressor)
  • Ancient Assembly (Interstellar Assembly)

⬆オリジン名、()内は対応するメガストラクチャ。

といった、それぞれに対応する廃棄されたメガストラクチャのある状態からゲームがスタートします。
1つのオリジンに対して1つの廃棄メガストラクチャがあるという状態です。

また、メガコープ/ハイブ/機械の市民の変種で、メガストラクチャの構築とアップグレードのコストを削減する市民1が追加されるとのこと。

ただSteamワークショップのModページ説明書きを読むと、メガコープ/ハイブ/機械以外の帝国はこの便利な市民が追加されないような感じです。
一般帝国にもいれば便利なんでしょうけど…(・_・)

Megastructure Origins 注意点

互換性

Megastructure Originsの互換性については特に情報がありませんでした。

ただ、Modの内容からメガストラクチャに対して大きく働きかけるタイプの他のModとは競合が発生する可能性はありそうですね。

導入必須DLC

Megastructure Originsの導入には別途Utopia DLCが必須となっています。

導入必須Mod

特に無いようです。

導入推奨Mod

特に無いようです。

Megastructure Origins 導入方法

Steamのワークショップからサブスクライブします。

Megastructure Origins

Steam Workshop::Megastructure Origins

ページにある+サブスクライブのボタンをクリックするとModがダウンロードされます。
その後ステラリスのゲームを起動→ランチャー画面で

[Megastructure Origins]の使用を選択してください。

感想・まとめ

ステラリスで廃棄されたメガストラクチャありの状態からスタートできるオリジンを追加するMod「Megastructure Origins」の紹介でした。

廃棄状態なので修理して仕上げる必要はありますが、強力な設備がある状態なので幾分ゲームを有利に進められそうですね。

ちょっとだけ有利な状態でゲームを遊ぶ+色々脳内で補完してロールプレイをやってみたい方は使ってみてはどうでしょうか。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!