Endless Space 2 を初見プレイ #2

記事をシェアする

Endless Space 2の初見プレイ、第2回目です∩・∀・)

スポンサーリンク

探索を続ける

エンドレススペース2、8ターン目から続きを進めます。
ターン制ってのは自分がどこまで進んでいるのかすぐわかるのが良いですね。
あと、タイムアタック的な遊び方もできるのかなぁと思いました。

前回入植を開始したカリウス星系を後にして、北側のレーンを進みます。

そして早くもイタ星系を見つけました。

残念ながらこちらは入植できる惑星は無し。


エンドレススペース2、割りと星系自体は近くにあるような印象です。

その後探索を進めていき母星から北側の宙域は早々に行き止まりになってしまいました。

どうやら南側がメインのようなのでそちらに向けて探索を開始します。

選挙と法律の施行

16ターン目です。今度は選挙に向けてどの派閥に投票するか?という選択肢が示されます。

最大派閥は工業ですが、1派閥に力を集中してもいいものかどうか思案(-_-)
ここは派閥を乱立させてパワーバランスの均衡を図ろうかなぁと考えます。

次に法律の施行イベントが発生。ステラリスは法律というか布告でこういうのは一瞬で終わるのですが、このエンドレススペース2ではなかなか凝った作りになっているようですね。

しかし初見ではこの辺の派閥や法律に関してはちんぷんかんぷんで分からないので適当に進めるしかありません(´・ω・`)

このように法律は候補が多数あり、また選挙を行っていくと選択肢も増えていくようです。

20ターン目に投票日がやってきました。

このようにどの派閥に投票するかを選べるのですが、ポイントを使って市民に圧力をかけ、投票を操作する事も可能です。

ステラリスで選挙の際に影響力ポイントを使ってどの候補者を支持するか選択するのと似たようなものかと思います∩・∀・)

ヒーローの獲得

22ターン目、最初の入植が完了しました。

なお、資源を使って入植にかかるターン数を短くしてあります(・_・)

入植を行うというソロクエストが完了したため、報酬であるヒーロー、ドミトリ・レンコさんを獲得しました。

ヒーローはスキルツリーを持っており、艦隊に配置したり、惑星に配置することで様々な効果を発揮します。

また配置の切り替えも行えますので、ステラリスで言うセクター総督、提督などを1人で行うという感じのようです。

ヒーローのステータスに健康状態の項目もありますので死亡の概念があるかもしれません。
ヒーローは強力なユニットの様ですし、取扱には細心の注意を払いたいですね(・_・)

初めての艦隊戦

23ターン目。

こちらは母星より南側の宙域にあるサベル星系。ハイパーレーンが複数通っており交通の要所っぽい場所です。

が、ここに敵がいました(›´ω`‹ )

敵艦と戦って倒せというクエストが発生。しかし、この敵艦、艦隊が2隻います。それに対してこちらは1隻しかいません。

相手のテクノロジーレベルがどうか?という事もあるのでしょうけど、正直こちらの船は初期状態なのでこれよりも弱いということは無さそうな雰囲気です( ´Д`)

なのでこのまま戦ってもまず勝てそうも無く、一旦隣のリゲル星系まで引いて、手持ちの別の船と合流してから戦おうと思いました。

が無慈悲に戦闘開始(-_-)
仕方ないのでもう負けること前提で戦いに臨みます。

エンドレススペース2は戦闘ごとにこのような画面で作戦を練ることが出来ます。

正直これはステラリスよりも素晴らしいと思いました。

画面を色々とチェックしたところ、動かす艦隊の数が増えると取れる作戦も広がりそうな感じでした。

今回はまあ負けるでしょうし、ES2の戦闘がどんなものか分かりませんので、適当に選んでスタート。

いや~これはすごい。正直この戦闘はかなり興奮しました(・∀・)

画像ではまったくこの凄さは伝わらないと思うので、是非動画を見ていただきたいですね(・∀・)

で、つつがなく轟沈(´・ω・`)デスヨネー

さて、これで貴重な船を1隻失ってしまいました。戦闘宙域と母星は近く、このまま敵が攻めてきた場合大変なことになりそうです(´・_・`)

早急に戦力を補充して状況の立て直しを図ったほうが良さそうですね。。。

という事で23ターンまで進めて今回のプレイは終了です。

感想

今回のプレイで感じたことは、

  • 選挙や法律はステラリスよりも内容が掘り下げられいる印象。ただし無茶苦茶複雑というわけでも無い。
  • ヒーローは強力なユニットの様で、彼らをどう使うかが攻略に大きく影響してきそう。
  • エンドレススペース2の戦闘は大迫力ですごい。

という印象でした。

今回のプレイ内容の動画はこちらです。

もう少しだけ続きます( ゚д゚)ノ