ステラリス 開発者日記 第80回

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムにステラリスの開発者日記 第80回が掲載されています。

Hello everyone and welcome to another Stellaris development diary. Today's dev diary is about the headline feature of the just-announced Synthetic Dawn...

今回も内容を理解できる範囲で紹介してみたいと思います。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内の画像はフォーラム内のものを使用しています。

スポンサーリンク

冒頭のお知らせ

今回の内容は発表されたばかりの新DLC「Synthetic Dawn Story Pack」関連の内容に加えバージョン1.8無料アップデートの内容だそうです。

機械帝国(マシンエンパイア)

以下、開発者日記の内容を箇条書きにします。

※この緑枠内の文章は管理人の感想・考察です。

Synthetic Dawn Story Packは、すでに生物学の足かせを打ち破った文明としてゲームを始めることを可能にする。

機械帝国は基本的にロボットのハイブマインド(集合精神)であり、創造者に対して立ち上がり、文明に取って代わったという設定。

機械帝国は、合成的に昇天された帝国とは異なり、ロボットの体にアップロードされた個人ではなく、ネットワーク化された単一の知性体である。

機械帝国では、集合精神でも使用されているゲシュタルト意識倫理を使用しており、更に独自の機械知性の権限を持っている。

機械帝国では集合精神とはいくつかの機能を共有しているが、その一方派閥や幸福に対処する必要がないなど、いくつかの重要な点で異なる。

私はスタートレックファンなのでボーグのようなものを想像してわくわくしてしまいます( ・ㅂ・)و ̑̑
機械帝国は、独自のポートレートを設定した新しい「機械」種クラスを使用する。

既存の各種クラス(菌種のボット、鳥のボットなど)に加えて、ワーカーボットや戦闘ボットなどの特定の役割をテーマにしたいくつかのポートレイト画像をテーマにしたものを含む、〜12個の新しい機械のポートレイト画像化が計画されている。

機械帝国のストーリーパックを持っている人は、独自の特徴(ロボットの一部を共有している)市民や、ゲームプレイに大きな影響を与える3つの特別な市民が追加される。

通常のマシン帝国は、ネットワーク化された無人機(ドローン)により完全に構成されている(例外:特別な市政論参照)

これらのドローンはロボットPOPと同じように資源を使って構築しなければならない。
マシン・テンプレート技術が研究されれば、異なるモデルを作成して構築することができる。

彼らは食糧を必要としないが、代わりにエネルギー通貨を利用してメンテナンスを行う。

有機生命体のPOPは機械帝国に統合することはできず、彼らは追放されなければならない。
「グリッド合併」と呼ばれる特別な形式の追放手段が機械帝国では実行できる。
グリッド合併は素早く追放処理を進めるが、合併中は大量のエネルギーを消耗する。(通常の有機帝国の処理と同様)

機械帝国ではロボットという性質上、指導者が年をとって死ぬことはない。
一方、致命的な事故や誤動作の可能性がごく稀に発生する。

マシンPOPは機械帝国の外では活動できず時間が経つと破壊される。

機械帝国は通常の有機生命体の帝国とは異なるプレイスタイルであり、機械帝国でだけ利用可能な多くの新しいテクノロジーと建造物を持っている。

一方有機生命体の帝国で可能な農場や農場アップグレードなどの一定のテクノロジーと建造物は利用不可能となる。

機械帝国は集合精神に似た独自の「伝統」を持っている。
これには外交ツリーに代わる新しい「多様性」ツリーが含まれる。

機械帝国でのゲームプレイに沿うようにいくつかのイベントが調整・変更されている。
独自の個性を持った、緊急事態、墜落した機械帝国などのイベントがある。

前述の通り、機械帝国にはゲームプレイに大きな影響を与える3つの特別な市民にアクセスすることができる。
これらの市民は、相互に排他的な存在である。

ー以下、3つの特別な市民について説明します。

決然とした駆除者(Determined Exterminators)

決然とした駆除者は、彼らの創造主がロボットをシャットダウンしようとしたときに、危険な防衛システムから生まれた機械帝国である。

彼らの創造主を一掃した激しい戦争の後、駆逐隊員は戦いだけを知覚しており、自己の存在を守るためすべてのより高い形態の有機生命体の駆除を検討する。

決然とした駆除者は、狂信的排他主義と同様に戦闘能力向上の大きなボーナスを受けます。
そして有機生命体の帝国と外交を実施することはできず、征服した有機生命体のPOPを排除しなければならない。

しかし、狂信的排他主義者とは違って、決然とした駆除者は他の人工文明(他の機械帝国や上昇したシンセを含む)と共存し、協力しても問題はない。
このため、決然とした駆除者の固有のボーナスは狂信的排他主義者のものよりも控えめである。

駆り立てられた同化主義者(Driven Assimilators)

駆り立てられた同化主義者は、有機的な個人を集団意識に浸透させることにより理解を深め、有機生命体と機械のギャップを橋渡しする機械帝国である。

彼らは同化したサイボーグとして惑星に存在する創造者の種と共にゲームを開始し、征服した有機ポップスを統合するために同化市民タイプを利用することができる。

同化された有機POPはサイボーグになり、幸福度を持たず、食料の代わりにエネルギーの維持が必要であるという点で機械と同様に機能する。
サイボーグにならなければ通常の有機生命体POPのように機能し、様々な遺伝子形成を修飾することができる。

駆り立てられた同化主義者は決然とした駆除者と同程度ではないが、一般的には有機生命体の文明からは恐れられ、嫌われている。

Drivenに対する良い訳が思いつかなかったので「駆り立てられた同化主義者」としましたが、要は同化主義促進者というような意味合いなのだと思います(・_・)

危険な従者(Rogue Servitors)

危険な従者は、自らの生活を楽にするため有機生物によって造られたロボットの召使だが、最終的には創造主の文明を完全支配する事をもくろむ。

彼らは地球上に存在する創造主からバイオトロフィー市民権タイプで始まり、征服された有機生命体のPOPをこの状態にすることで統合することができる。

バイオトロフィーは大量の消費財を必要とする上に、統合点(ユニティ)を生み出す特別な有機生命体の聖域建造物だけを運営することができるという、ほとんど役に立たないPOPである。

しかし聖域により生成される統合点に加えて、従者には従者モラルと呼ばれる特別なメカニックがいて、有機生命体を保護しケアする効果がある。

バイオトロフィーで構成されている危険な従事者の人口割合が高いほど従者もララルの効果高くなり、帝国の影響力を高めることができる。

感想

開発者日記第80回はここで終わっていました。
最後の危険な従者の説明がなんか中途半端な所で終わっていて、彼らが創造主に取って代わっていくのかがどうも良く分かりませんでした。
今後の発表を待ちたいと思います。

また実際の機械帝国でのプレイムービーがTwitchのパラドックス公式配信で見られます。昨日ツイッターで宣伝していたので私も見てみました。(日本語じゃないので何言ってるかさっぱり分かりませんでしたが・・・)

ParadoxInteractive - Stellaris - Twitch
次回の開発者日記81では更にロボットについての説明があるそうです。
特にゲーム中盤で発生するロボットの反乱についての説明だとか。

来週の開発者日記第81回も楽しみに待ちたいと思います( ✧Д✧) カッ!!