ステラリス 開発者日記 第108回 2.0リリース後のサポート(パート1)

記事をシェアする

パラドックス社の公式フォーラムに
ステラリスの開発者日記 第108回が掲載されています。

Hello and welcome to another Stellaris dev diary. As we are still in full post-release support mode, until we are ready to get back to regular feature...

今回は2.0アップデート後のサポートについての第一回目です。

管理人の英語力はかなり怪しいので誤訳・誤解釈の可能性は十分にあります。ご了承ください(-人-)

※当記事内の画像はフォーラム内のものを引用しています。

以下開発者日記を意訳したものです。

※この緑枠内の文章は管理人の感想・考察です。
スポンサーリンク

ステラリス 開発者日記 第108回 2.0リリース後のサポート(パート1) 2018/3/15

今回の開発者日記の担当はいつものWizさんです。

冒頭のお知らせ

こんにちは、Stellaris開発者日記へようこそ。

私たちはまだリリース後のサポートモードになっているので、通常の機能を持つ開発者日記に戻る準備が整うまで、私たちは長めの日記公開はできないでしょう。

代わりに私たちは、開発者日記を使用して、特に強調が必要な修正や調整について紹介します。

今日は戦争疲労と現状維持の強制について2.0.2ベータ版におけるいくつかの変更点を紹介します。

戦争疲労と現状維持

ステラリス2.0では新しい戦争体制となり、新たな戦争疲労の仕組みの一部として強制的な現状維持(和平)を追加しました。

我々は、この仕組みは限定的な戦争を引き起こすため確実に必要なものであると考えていました。
そして戦争で勝っている側が更に戦う理由付けになると考えていました(平和を強制し、領土の譲歩を減らす目的で敵を100%の戦争疲労に追いやるため) 。

しかし、この仕組みにはいくつかの問題があり、プレイヤーが突然の強制和平によって敵が数日前に占領していたシステムを失うことで驚いたり、
またある種の戦争(例えば、征服戦争)において完全勝利することが非常に困難にもなっています。

これらの問題についてプレイヤーより最初のフィードバックを受け取った後、私たちは強制的な現状維持(和平)を100%戦争疲労のペナルティへと置き換えて、2.0.2ベータ版での異なる戦争疲労モデルを試すことにしました。

私たちは以来さらなるテスト、調整、フィードバック収集を行ってきました。

その結果オリジナルのデザインが正しいとの結論に至りました。

新しい戦争システムそして強制的な和平の仕組みは、戦争が全滅に至るまでの単純な戦争にならないよう、また強力な帝国が弱い帝国に100%の戦争疲労を強制し、敵が罰則を受けずに平和を拒否しないよう必要な機能です。

このため、我々は強制的な和平を再導入することにしました。

しかし単純に2.0版の時と同じようにロールバックするのではなく、次のように動作するよう変更します。

  • 戦争中の片方が100%の戦争疲労状態になると、彼らは高い戦争疲労度にあるとフラグ付けられ、以前と同様に警告を受ける。
  • 戦争の疲労が高まると、24ヶ月のタイマーが作動する。タイマー終了後、その戦争は現状維持の和平へと強制される。
  • 戦争疲労に対するペナルティはないが、Mod製作者のため機能自体は残す。強制和平が可能であるか、あるいは強制和平を完全に無効にすることができるので、平和へと強制されることが嫌いな人はModで変更が可能。

これらの変化は現状における、突然の和平にびっくりするような状態を解消し、戦争疲労度が100%になった時点で占領されたシステムを取り戻すための時間的猶予をプレイヤーに与える意味があるはずです。

また、敵が味方を持っている場合において奴隷化とイデオロギー強制の戦争を行う場合、そのような戦争に勝つための明確な道筋を示すか、あるいは戦争の現状維持に「限られた勝利」(敵帝国全体の代わりに相手の一部を解放/制圧する)を加えるかを検討をしています。

これらの変更は、次のバージョンである2.0.2には含まれませんが、もしうまくいくならば、来週中にそれらを公開する予定です。

(Ver2.0.2については既に内部的にテストされており、うまく行けば週末にリリースとなるでしょう。)

これが今日の内容のすべてです!
来週、2.0リリース後のサポートについて別の日記にてお会い​​しましょう。

以上


フォーラム内のやり取り

※フォーラム内のやり取りで気になったものを紹介。各回答(A)側はStellaris開発マネージャーのWizさんのものです。

Q:AI帝国はどうやって100%の戦争疲労になるのを防衛するのですか?彼らは総降伏になるまでの24ヶ月のカウントダウンをするのか?

A:AIは基本的に常に100%の戦争疲労で現状を受け入れることを喜ぶようになっている。この仕組みは主にプレイヤーのためのものである。
AI帝国が降伏するかどうかは戦争疲労のシステムとは結びついていない。

今回はあまりWizさんの回答がありませんでした。
またなにかめぼしいのがあったら追記するかもしれません(しないかもしれません)。
3/16追記
フォーラムの15ページ目までチェックしたものの、その後Wizさんは登場しなかったので今回はこれにて一旦〆ます。

感想・まとめ

以上、Stellaris 開発者日記 第108回の紹介でした。

フォーラム内でWizさんから回答はなかったものの、

  • タイマーの2年って移動時間を考えたらそんなに長くないのでは?
  • 戦争疲労でペナルティが無いのはどうなのか?

という様な意見も出ていました。

たしかに何らかのペナルティはあっても良いのでは?
という気もしますが、
まあその辺も検討して作った結果ペナルティなしとしてあるんでしょうし、
そのうち関連Modが出そうな箇所ではありますので、そちらで補完って感じですかね。

それではまた( ✧Д✧) カッ!!